ページの先頭です
メニューの終端です。

平成24年新年のご挨拶

[2014年12月2日]

ID:358

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

多摩市長 阿部裕行

市民の皆さん。新しい年を迎えました。いかがお過ごしでしょうか。
被災地の仮設住宅でお正月を迎えられた方々にとって今冬の寒さは一段と厳しいものとなっていると思います。春の足音はかならずやってきます。東京・多摩の地に住む私たちは、被災地の皆さんの応援団です。私たちは共に歩み続けます。
さて、多摩市の皆さん、「たま広報」の新春対談、お読みいただけましたか。なでしこジャパンの選手をお招きしてワールドカップ熱戦裏話、地域スポーツに思うことなど、いろいろとお話を伺いました。東京ヴェルディそして日テレベレ―ザは、地元のプロスポーツチームです。みんなで応援しましょう。

日テレ・ベレーザの岩清水選手(左)と永里選手(右)との写真

日テレ・ベレーザの岩清水選手(左)と永里選手(右)と

昨年の11月1日、多摩市は市制施行40周年を迎えました。地震、津波に見舞われた東日本大震災は、原発震災とも言われました。私たちは自然への畏怖の気持ちそして科学技術を過信したことなどに触れた「非核平和都市宣言」を市民の皆さんとともに宣言しました。人と人との絆を大切にし、原子力に代わる環境に優しい自然エネルギーを大切にしていくことも盛り込みました。12月には、多摩ニュータウンに初期入居された諏訪二丁目住宅の建て替え工事も始まりました。多摩市はいま「新たなステージ」に向かって力強く歩み始めています。
市民の皆さんへのお願いです。日本は、現在、深刻な財政危機に直面していますが、私たちの住むまち、多摩も崖っぷちに立たされています。「新生TAMA行財政刷新プログラム」に取り組んでいます。持続可能なまちづくり、子や孫の世代に借金のつけをまわさない、そのような強い決意で臨みます。こどもたちの未来のために多摩市の未来のために、どのようにこの難局を乗り越えていくか。今月下旬から市内各地で説明会を開催します。ぜひご参加ください。そして大いに議論しましょう。
昨年、職員の不祥事もありました。市長として深くお詫び申し上げます。信頼回復に向け、精一杯、頑張ってまいります。
本年もよろしくお願い申し上げます。

関連情報

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所企画政策部秘書広報課

電話番号: 042-338-6812

ファクシミリ番号: 042-337-7658

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.