ページの先頭です
メニューの終端です。

すべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました

[2010年4月6日]

ID:1017

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成22年4月1日から、今お住まいの住宅にも住宅用火災警報器の設置が義務付けられました

消防法及び東京都火災予防条例が改正され、すべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。(マンションやアパートなども、すべて対象となります。)
火災による犠牲者の8割は住宅火災から発生しています。
火災を早期に発見し、火災による犠牲者をなくすために住宅用火災警報器を設置してください。
詳しくは下記の東京消防庁ホームページを参照してください。

いつから義務化されましたか?

  • すでにお住まいの住宅
     平成22年4月1日から設置が義務付けられました。
     ※まだ設置されていない住宅は、早急に設置が必要です。
  • 新築・改築する住宅
     平成16年10月1日から義務付けられています。

どのようなものですか?

天井や壁に取り付けておくと、火災時の煙や熱を感知し、警報音や音声で知らせてくれます。コンセントタイプや電池式のものがあります。

警報機の写真

警報機

どこにつけたらいいのでしょうか?

すべての部屋、台所、階段に設置が必要です。(浴室、トイレ、洗面所、納戸などは除きます。)
(注)自動火災報知設備やスプリンクラー設備が設置されている部屋等には設置する必要はありません。

購入するには?

ホームセンター、防災設備取扱い店、電気店等で購入できます。購入の目安として以下のマークが付いているものを選びましょう。

警報機マーク

設置の届出は?

届出の必要はありませんが、設置状況の把握のため、多摩消防署警防課防災係にお知らせください。
多摩消防署 警防課 防災係 375-0119

悪質な訪問販売に注意!

 消防職員のような服装で、「住宅用火災警報器の設置が義務化され、消防署の方からの依頼でまわっている。」などと偽って販売するケースが発生しています。他にも住宅用火災警報器でないものを「今なら安くしておく。」などと言葉巧みに高額な類似機器を販売するケースも発生しています。消防署が販売を依頼したり、直接販売することはありません。あやしいと思ったら、多摩消防署へご連絡ください。

説明に伺います。

自治会の集会などの機会をとらえて、詳しい説明を行います。ご希望の場合は下記までご連絡ください。

問い合わせ:東京消防庁多摩消防署予防課査察指導係

電話番号:042-375-0119

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所総務部防災安全課

電話番号: 042-338-6802

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.