ページの先頭です
メニューの終端です。

障害者総合支援法

[2013年10月3日]

ID:1283

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

障害者保健福祉施策は、平成15年度に導入された支援費制度により、飛躍的に充実しました。しかし、障害種別ごとの縦割りサービスで施設・事業体系がわかりにくく、使いにくいこと、地方自治体間のサービス格差が大きいこと、支援費制度の国と地方自治体の費用負担ルールでは今後増え続けるサービス利用のための財源確保が困難であることの問題点が指摘されました。

こうした問題点を解決するとともに、障がいのある人が利用できるサービスを充実し、一層の推進を図るために、平成18年4月から障害者自立支援法(平成25年4月から障害者総合支援法)が施行され、障がいのある人が地域で安心して暮らせる社会の実現を目指します。

障害者総合支援法の構成

障害者総合支援法は自立支援給付と地域生活支援事業で構成されています。

  1. 自立支援給付
     介護給付・訓練等給付の福祉サービス、自立支援医療、補装具
  2. 地域生活支援事業(福祉サービス)
     市町村の創意工夫を図るとともに、利用者の状況に応じて柔軟に対応することが求められる手話通訳派遣などのコミュニケーション支援、ガイドヘルプ(移動支援)、地域活動支援センターなどの事業のことです。

関連情報

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所健康福祉部障害福祉課相談支援担当

電話番号: 042-338-6847

ファクシミリ番号: 042-371-1200

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.