ページの先頭です
メニューの終端です。

市有施設におけるアスベスト調査の結果について

[2015年3月16日]

ID:1422

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

アスベストのうち、これまで国内産業界では使用されていないと考えられていたトレモライト及びアクチノライト、アンソフィライト(以下「トレモライト等」という。)について、平成20年5月から7月にかけて、16施設19ヶ所の市有施設の再検査を行った結果、いずれの施設・検体ともにトレモライト等は確認されませんでした。

再検査対象施設

再検査対象施設一覧
番号施設名使用場所
(部屋名等)
使用場所
(部位)
1TOMハウス多目的ホール鉄骨梁
2ひじり館外部軒天
3八ケ岳少年自然の家屋上機械室
宿泊室
鉄骨梁
天井
4健康センター階段室壁・天井
5管路収集センター機械室
通路等
壁・天井
鉄骨梁
6バオバブ保育園
ちいさな家
施設全体鉄骨梁
7消防団器具置場
第2分団
防災倉庫鉄骨梁
8東庁舎施設全体鉄骨梁
9多摩第二小学校渡廊下2階天井
10東愛宕小学校1期校舎階段室天井裏
11東愛宕中学校玄関鉄骨梁
12和田中学校浄化槽機械室壁・天井
13総合体育館機械室天井
14パルテノン多摩4階トイレ
倉庫
床下
天井
15永山調理所浄化槽機械室・ブロアー室壁・天井
16南野調理所浄化槽機械室・ブロアー室壁・天井

建材の吹付け材に含まれるアスベスト6種類のうち、クロシドライト、アモサイト、クリソタイル(以下「クリソタイル等」という。)が国内では主に使用され、その他のトレモライト及びアクチノライト、アンソフィライト、(以下「トレモライト等」という。)は、国内の産業界では使用されていないと考えられてきました。
しかし、平成20年1月にトレモライト等が都内の公共施設で検出されたとの新聞報道があり、これを受けて、国や都からの通知及び都では再度、都有施設の再点検を実施することから、市有施設においても早期にトレモライト等の調査を実施しました。

本市の対応

本市の対応一覧
年度調査対象分析項目分析結果等
17年度平成8年度以前に建設された市有施設(273)のうち吹付け材が確認された施設  19施設25ヵ所クリソタイル等の3種類含有率1%を超える以下の4施設確認
1.東愛宕小学校(2期校舎階段室)
2.豊ヶ丘図書館(階段室)
3.武道館(施設全体)
4.多摩第一小学校(倉庫)
【全て平成18年度末までに除去】
18年度前年度調査施設の内含有率0.1%を超えることが疑われる施設 5施設5ヶ所6種類全て全て含有率0.1%以下を確認
1.東愛宕小学校(1期校舎1・2階教室)
2.諏訪複合施設(階段室)
3.TOMハウス(階段室)
4.八ケ岳少年自然の家(地下機械室)
5.市民保養所ふじみ(風除室)
20年度平成17年度調査の市有施設のうち「トレモライト等の含有率が0.1%以下であることが確認されていない施設 16施設19ヶ所トレモライト等の3種類再検査対象施設一覧を参照

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所環境部環境政策課

電話番号: 042-338-6831

ファクシミリ番号: 042-338-6857

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.