ページの先頭です
メニューの終端です。

多摩市の歴史

[2008年1月2日]

ID:1577

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

首都圏のベッドタウンとしての成長とニュータウンの形成

現在の多摩ニュータウンの入居が始まる昭和46年まで、多摩市の前身である多摩町は農村の面影を残す人口3万人あまりの静かな田園地帯でした。戦後、首都圏中心部への人口集中と深刻な住宅難に加えて、戦前から鉄道で結ばれていたという好条件も重なり、現在の聖蹟桜ヶ丘駅周辺地域を中心に、都心への通勤者の居住地として多摩町が注目されるようになりました。
その後、市制が施行された昭和46年以降、市の南部地域を中心に多摩ニュータウンが形成され、全国から集まった多くの人々が、さまざまな価値観を共有しながら「新しいまち」づくりを進めてきました。

多摩センター周辺の様子1

昭和38年当時の多摩センター周辺

多摩センター周辺の様子2

昭和53年当時の多摩センター周辺

多摩センター周辺の様子3

現在の多摩センター周辺

歴史的文化財

このように、急速に都市化が進んだ多摩市ですが、市内には貴重な歴史的文化財も多く残されています。およそ1,500年も前につくられた、稲荷塚古墳は、全国的にも珍しい八角形の古墳で、東京都史跡にも指定されています。また、明治天皇の数回にわたる行幸を記念して建てられた旧多摩聖蹟記念館は、多摩地域では数少ない昭和初期の西洋建築物で、市の指定文化財になっています。このほかにも、既存地区・ニュータウン地区の双方から多くの文化財が発掘されています。

旧多摩聖蹟記念館の画像

旧多摩聖蹟記念館

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

多摩市役所教育部教育振興課総務係

電話番号: 042-338-6872

ファクシミリ番号: 042-337-7620

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


多摩市の歴史への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.