ページの先頭です
メニューの終端です。

植物6

[2013年3月29日]

ID:1771

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

カヤツリグサ科 ホンモンジスゲ

Carexpisiformis

ホンモンジスゲの写真

「東京都の保護上重要な野生生物種1998年版」(東京都1998):C
山野に生育する多年草です。
4月から5月に花をつけます。
特に丘陵部では生育地が激減しています。

  • 参考文献
     「東京都の保護上重要な野生生物種1998年版」(東京都1998)
     「山に咲く花」(1996.山と渓谷社)

カヤツリグサ科 クサスゲ

Carexrugata

クサスゲの写真

「東京都の保護上重要な野生生物種1998年版」(東京都1998):A
林内のやや陰湿な草地に生育する多年草です。
4月から5月に花をつけます。
丘陵部では危機的な状況です。

  • 参考文献
     「東京都の保護上重要な野生生物種1998年版」(東京都1998)
     「野に咲く花」(1989.山と渓谷社)

ラン科 エビネ

Calanthediscolor

エビネの写真

「改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物植物」(環境省編2001):II類
「東京都の保護上重要な野生生物種1998年版」(東京都1998):B
雑木林の下などに生育する地生ランです。
4月から5月に花被片は暗褐色、唇弁は帯紅色または白色の花をつけます。
園芸用の採取、森林の伐採、土地造成が減少の主要因です。

  • 参考文献
     「改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物植物」環境省編2001

ラン科 キンラン

Cephalantherafalcata

キンランの写真

「改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物植物」(環境省編2001):II類
山や丘陵地の疎林下などに生育する地生ランです。
4月から6月に黄色の花をつけます。
園芸用の採取、森林の伐採、土地造成が減少の主要因です。

  • 参考文献
     「改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物植物」環境省編2001

ラン科 マヤラン

Cymbidiumnipponicum

マヤランの画像

「改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物植物」(環境省編2001):I類
「東京都の保護上重要な野生生物種1998年版」(東京都1998):A
常緑樹林下に生育する地生ランです。
4月から5月に白色で紅紫色の花をつけます。
森林の伐採、園芸用の採取が減少の主要因です。

  • 参考文献
     「改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物植物」環境省編2001

ラン科 ハマカキラン

Epipactispapillosavar. sayekiana

ハマカキランの写真

「改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 植物」(環境省編2001):2.類
太平洋側の海岸のクロマツ林下に生える地生ランです。
6~8月に唇弁が白色~黄緑色、萼片が帯黄色の花をつけます。
園芸用の採取、海岸の開発、森林の伐採が減少の主要因です。

  • 参考文献
     「改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物植物」環境省編2001

ラン科 クロヤツシロラン

Gastrodiapubilabiata

クロヤツシロランの写真

「改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物植物」(環境省編2001):I類
「東京都の保護上重要な野生生物種1998年版」(東京都1998):A
スギ林またはスギとモウソウチクの混生林下に生育する地生ランです。
暗紫褐色の花をつけます。
森林の伐採、土地造成が減少の主要因です。

  • 参考文献
     「改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物植物」環境省編2001

ラン科 ムヨウラン

Lecanrchis japonica

ムヨウランの写真

「東京都の保護上重要な野生生物種1998年版」(東京都1998):A
常緑樹林内に生育する腐生章物です。
6~7月に淡黄色花をつけます。

  • 参考文献
     「山に咲く花」(1996.山と渓谷社)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所環境部環境政策課

電話番号: 042-338-6831

ファクシミリ番号: 042-338-6857

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.