ページの先頭です
メニューの終端です。

多摩市に燃料電池自動車を導入しました

[2016年12月26日]

ID:2250

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

低炭素・省エネルギー社会への取組みを推進します

市が率先して燃料電池自動車を導入することで水素社会の実現に向けての初期需用を創出し、導入した車両を活用した低炭素・省エネルギー社会への実現に向けた取組を推進していきます。

燃料電池自動車とは

燃料電池自動車は、燃料電池で水素と酸素の科学反応により発電した電気でモーターを回して走る自動車です。二酸化炭素などの排出ガスはゼロで、出すのは水だけというクリーン性能を実現しています。

導入車両

クラリティ・フューエル・セル(本田技研工業株式会社)

  • 都内26市で、同車の公用車としての導入は本市が初となります。

納車式

納車式の様子

平成28年12月22日(木)に、本車両メーカーである本田技研工業株式会社、多摩市議会議長及び多摩市長が出席し、納車式が行われました。

運用・活用方法について

主に多摩市議会議長車として運用し、低炭素・省エネルギー社会への実現に向けた率先行動を示しながら、環境配慮車両の周知と拡大を図るとともに、議長車としての運用がないときは、市民向けイベントで啓発用としての展示等を行うものです。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所環境部環境政策課

電話番号: 042-338-6831

ファクシミリ番号: 042-338-6857

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.