ページの先頭です
メニューの終端です。

春の消防訓練を実施しました!

[2016年3月11日]

ID:2536

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

多摩市消防団は、春の消防訓練として「震災初動訓練」を行いました!

「震災初動訓練」は、平成28年3月6日午前8時30分に、震源の深さ約30km、マグニチュード6.9の多摩直下地震が発生し、多摩市域で震度6弱の揺れを記録したことを想定した消防団活動の訓練です。団本部と10個分団が無線で緻密に連絡を取り合い、多発する災害に効果的に対処できるようにする訓練内容になっています。

団本部の活動

春の消防訓練の写真1

無線で分団の活動を総括指揮する団本部

団本部では、消防団10個分団と無線で通信し、被災状況を把握すると共に、状況に応じて各分団に適切に対応させるよう指揮をとります。 刻々と変化する状況に対応するべく指令を繰り出す機敏さと冷静な判断力が求められる訓練となっています。

第2分団の活動

各分団では、団本部からの指示に従い、さまざまな災害状況に対応します。
消防団員は、震災活動基準により、多摩市域に震度5弱以上の地震が発生した場合は、各分団器具置場に自動的に参集することになっています。

春の消防訓練の写真2

参集点検後、団本部と連絡をとり消火活動訓練を行う第2分団の団員たち

第10分団の活動

春の消防訓練の写真3

参集後、安全点検を実施し、分団本部を立ち上げ水利確認を行う第10分団の団員たち

訓練後の講評

訓練後、講評を受けるため、多摩市消防団は多摩ニュータウン市場へ集合しました。
講評に先立ち、東日本大震災5周年に対する黙祷と表彰の伝達が行われました。
春の消防訓練の写真4

東日本大震災に対する黙祷と表彰伝達式

春の消防訓練の写真5

多摩ニュータウン市場に集結した多摩市消防団と消防団長の講評

春の火災予防運動の一環として、ポンプ車等が市内をパレード!

訓練後、多摩市消防団指揮車・ポンプ車及び多摩市災害対策車が多摩消防署車両と共に、市内を巡るパレードを行いました。

春の消防訓練の写真6

スタンバイした多摩市消防団車両とパレードセレモニー吹奏を待つラッパ隊

春の消防訓練の写真7

市内をパレード走行する多摩市消防団各車両

火災予防を広報しながら、総勢19台もの消防車両が連なって市内を走行する様は、圧巻でありました。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所総務部防災安全課消防担当

電話番号: 042-338-6802

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.