ページの先頭です
メニューの終端です。

多摩市立複合文化施設(パルテノン多摩)大規模改修事業

[2017年7月19日]

ID:2583

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

パルテノン多摩の写真(外観)

昭和62年の開館から、多摩市の文化の拠点施設として、また多摩市の「シンボル」施設として存在してきたパルテノン多摩も、30年が経過し、施設・設備の老朽化が顕著になりました。これからも多摩市・多摩センター地区の発展を支え、市民等の利用者に安全に使ってもらえるよう、大規模改修工事を予定しています。

大規模改修工事には多額の財源が必要であり、課題となっていましたが、国による都市計画運用指針の見直しにより、事業認可を受けて建設された施設の改修工事には、都市計画税(※1)を活用することができるようになりました。パルテノン多摩は、多摩中央公園と一体で都市計画決定され、事業認可を受けて建設された施設であり、今回の大規模改修工事の財源には、この都市計画税とこれを積み立てている都市計画基金を活用する予定です。

この施設改修を契機に、公共ホールと博物館機能を持つ新しい時代の複合文化施設として、この先も文化芸術の振興や多摩センター地域の活性化に寄与するとともに、多くの市民が集い、文化芸術を通した出会いや交流が生まれる「場」となるよう、新しいパルテノン多摩の実現を市民のみなさまと考えてまいります。

※1 都市計画事業等の費用に充てるための目的税であり、一般施設の改修には充当できない財源です。

平成30年1月現在のパルテノン多摩大規模改修事業の進捗状況について

市のまとめた基本計画の考え方について、市議会、パルテノン多摩・周辺施設整備等特別委員会でも議論を行い、基本計画策定の方向性を検討してきました。平成29年12月に関係する補正予算が可決され、今後は以下の「パルテノン多摩の改修概要(案)」、「市議会提案検討図」、市民ワークショップや専門家等の意見をまとめた「アドバイザー業務報告書」(※2)、「基本計画策定委員会報告書」(※2)等をもとに、基本計画の策定を目指します。

※2 このページの下段の「平成29年9月現在のパルテノン多摩大規模改修事業の進捗状況について」「3『基本計画策定委員会』の実施について」の項目から見ることができます。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

今後のスケジュール(案)

平成29年9月現在のパルテノン多摩大規模改修事業の進捗状況について

平成29年4月20日に「株式会社ファイブ・ミニッツ」と多摩市立複合文化施設改修与条件整理及びアドバイザー業務委託の契約締結を行いました。市民ワークショップによる市民意見、公共ホール等の専門家による意見をまとめ、基本計画の条件整理を行った以下の報告書を平成29年8月31日に受領しました。

平成29年4月現在のパルテノン多摩大規模改修事業の進捗状況について

パルテノン多摩の改修に関しては、平成28年度当初予算に基本計画策定および基本設計に関する経費を計上しました。
当初予算が議会で議決される際、執行に当たっては「総事業費の可能な限りの削減」「多摩センター地域全体の更なる活性化につなげる工夫と市民への説明」「市民および市議会との情報共有および意見の反映」の3点を内容とした附帯決議がなされました。
市は、パルテノン多摩の閉鎖期間を最小限に留めることを念頭に置きながら総事業費を圧縮した他、公募市民と専門家の参加による「基本計画策定委員会」において議論を進めると共に、市民説明会、無作為抽出アンケート、シンポジウムの実施など、附帯決議を履行すべく取り組みを進めてきました。
市議会は、平成28年12月にパルテノン多摩改修問題特別委員会を設置し、更なる市民参加や、単にパルテノン多摩の改修だけでなく、図書館の再整備の在り方も含めた多摩センターエリア全体の活性化などについても意見が出された、3月9日の特別委員会において、市が今後取り組むべき内容および議会として行うべき調査内容が確認されました。
市は、これら議会の総意を踏まえ、パルテノン多摩の改修をできるだけ速やかに実施すべく、改修関係経費および議会の調査関係経費、計4,100万円を補正予算(第1号)に計上し、全会一致で可決され、平成29年度の事業をスタートしました。

平成28年4月現在のパルテノン多摩大規模改修事業の進捗状況について

平成28年度は、改修のための基本計画及び基本設計を作成します。基本計画については、7月を目途に市民や専門家の参画による議論をスタートします。改修の内容や経費、工事のスケジュールなどについては、この基本計画及び基本設計の中で決めていくことになります。その他、この事業に関することは、「多摩市立複合文化施設 改修方針」に記載しました。

1「多摩市立複合文化施設等大規模改修工事基本計画」

平成28年5月26日に「ナスカ・東畑・森村 多摩市複合文化施設等大規模改修工事設計共同事業者」と、多摩市立複合文化施設等大規模改修工事基本計画及び基本設計業務委託契約を締結しました。しかし、平成28年12月にパルテノン多摩改修問題特別委員会が市議会に設置されたことを受けて、基本計画の策定を中断しました。平成29年12月に基本計画策定に関する補正予算議決を得たため、平成28年度の受託者である上記事業者と、多摩市立複合文化施設等大規模改修工事基本計画策定支援業務委託契約を平成30年1月31日付で締結しました。

2 説明会、アンケート、ワークショップ等

ワークショップ

ワークショップのイメージ

施設見学会

シンポジウム・鼎談

大規模改修事業説明会

アンケート

3「基本計画策定委員会」の実施について

パルテノン多摩がどのような課題を抱えているのか、また、今後どのような役割を担うのか、そのために、どのような改修が必要かなどについて、市民参加により議論することを目的として設置し、平成28年7月8日から平成29年2月25日まで、全10回の会議を開催しました。

4「基本計画及び基本設計業務」公募型プロポーザル選定について

平成28年4月1日から5月25日までの間に、多摩市立複合文化施設等大規模改修工事基本計画及び基本設計業務委託に係る公募型プロポーザル募集を実施しました。

5「多摩市立複合文化施設ホール特定天井」について

6「多摩市立複合文化施設等大規模改修工事発注者技術支援業務委託」公募型プロポーザルの実施について

平成28年4月11日から5月25日までの間に、「多摩市立複合文化施設等大規模改修工事発注者技術支援業務委託」公募型プロポーザル募集を実施しました。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所くらしと文化部文化・市民協働課文化・市民協働担当

電話番号: 042-338-6882

ファクシミリ番号: 042-371-3711

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.