ページの先頭です
メニューの終端です。

戸籍の各種届出(出生届・婚姻届など)

[2016年2月18日]

ID:2585

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

各種届出概要

戸籍は、親子、夫婦などの個人の身分関係を登録し、公証(おおやけに証明すること)するもので、一組の夫婦とこれと氏を同じくする未婚の子を記録してあります。

この戸籍のある場所を本籍といい、戸籍謄本・抄本といった戸籍の証明書は本籍のある市区町村で交付します。

出生・死亡・婚姻・離婚等の事項は届出をすることによって、戸籍に記載されます。例えば、お子さんが誕生した時は出生届、親族の方がお亡くなりになった時は死亡届を出すことになります。また、婚姻や離婚など、身分関係を形成する時にも届出が必要になります。

届出場所

  • 市役所1階市民課
  • 聖蹟桜ヶ丘駅出張所(ヴィータ・コミューネ7階)
  • 多摩センター駅出張所(多摩センターSC2階)

注意 死亡届は市役所本庁のみでの受付けになります。

戸籍の相談を必要とする場合や外国籍の方との届出の場合は、戸籍担当職員のいる市役所本庁へ相談・届出されることをおすすめします。

届出時間

月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)8時30分~17時

上記の時間以外は、市役所庁舎管理室で届出書をお預かりします。
(翌開庁日に内容を確認し、不備がなければ受理となりますが、不備があった場合、受理できなかったり、再度来庁していただきたくことになりますので、通常の時間内に事前確認していただくことをおすすめします)

出生届

出生届概要
届出期間届出人届出場所届出に必要なもの
生まれた日を含めて14日以内に届ける父または母•本籍地
•届出人の所在地
•出生地
•届書 1通
(届書には、医師か助産師の証明書が必要)
•届出人の印鑑
•母子健康手帳

注意 出生届の他に、住所地で児童手当や乳児医療の申請が必要です。

多摩市にお住まいの方はできるだけ平日、多摩市役所本庁にて出生届を提出し、同時に児童手当等の申請をしていただくことをおすすめします。

死亡届

死亡届概要
届出期間届出人届出場所届出に必要なもの
死亡の事実を知った日から7日以内に届ける親族または関係人•死亡者の本籍地
•死亡地
•届出人の所在地
•届書 1通
(届書には医師の診断書が必要)
•届出人の印鑑
•多摩市の国保に加入している方は国民健康保険証

注意 受付は市役所本庁のみです。死体埋葬・火葬許可証を発行します。

婚姻届

婚姻届概要
届出期間届出人届出場所届出に必要なもの
届出日から法律の効力が発生します夫と妻(成年の証人2人が必要)•夫または妻の本籍地
•夫または妻の所在地
•届書 1通(成年の証人2名の署名等が必要)
•届出人の印鑑
•戸籍謄本または戸籍全部事項証明書 1通(本籍が多摩市以外の方)
•本人確認ができる身分証明書

注意 婚姻により住所変更がある場合、別に手続きをしてください。 

未成年者の婚姻には父母の同意が必要です。

離婚届

離婚届概要
届出期間届出人届出場所届出に必要なもの
(協議離婚)
届出日から法律の効力が発生します
(裁判離婚)
調停・和解成立、裁判確定の日から10日以内
(協議離婚)
夫と妻(成年の証人2人が必要)
(裁判離婚)
申立人
•本籍地
•夫または妻の所在地
•届書 1通(協議離婚の場合、成年の証人2名の署名等が必要)
•届出人の印鑑
•戸籍謄本または戸籍全部事項証明書 1通(本籍が多摩市以外の方)
•協議離婚の場合、本人確認ができる身分証明書
•裁判離婚の場合は裁判の謄本及び確定証明書 各1通

注意 離婚により住所変更がある場合、別に手続きをしてください。

転籍届

転籍届概要
届出期間届出人届出場所届出に必要なもの
届出をしたときから法律の効力が発生します筆頭者及び配偶者•本籍地
•転籍地
•届出人の所在地
•戸籍謄本または戸籍全部事項証明書1通
注意 市内転籍の場合は不要
•筆頭者と配偶者の印鑑

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

多摩市役所市民経済部市民課戸籍担当

電話番号: 042-338-6898

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


戸籍の各種届出(出生届・婚姻届など)への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.