ページの先頭です
メニューの終端です。

犬の飼い主のみなさんへ

[2016年4月5日]

ID:2595

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ルールを守って飼いましょう

  1. トイレは散歩前にするようにしつけましょう。散歩中にしてしまったふんは必ず持ち帰って始末してください。
     道ばたや他人の土地に埋めることはマナー違反です。
     電柱などへのマーキングも周辺住民の方の迷惑となります。
     マーキングをしないようしつけをするとともに、ペットボトル等に入れた水で洗い流したり、消臭剤を利用するなどの配慮をお願いします。
  2. 散歩中や公園、広場など公共の場所では、犬に必ず引き綱をつけてください。
  3. 犬にも社会生活をしていくための基本的なしつけが必要です。甘やかさず、いけないことはきちんと「ダメ」と教えましょう。
  4. 生後91日以上の犬を飼い始めたら、飼い始めてから30日以内に登録をしなければなりません。
  5. 生後91日以上の犬には、毎年1回、狂犬病の予防注射を受けさせ、注射済票の交付を受けなければなりません。

飼い犬の登録について

飼い犬が人をかんでしまったら

  1. まず被害者の救護と再発防止の措置が必要です。
  2. 24時間以内に、東京都動物愛護相談センター多摩支所に事故発生届をしなければなりません。
  3. 48時間以内に獣医師に犬の検診をしてもらわなければなりません。

犬に噛まれたら

  1. 狂犬病は恐ろしい病気ですが、現在発生のない国内での事故では、犬の検診をすれば心配はありません。
     しかし、犬の口内には多くの菌がいますから、傷口を洗浄消毒して、医師の診療を受けることが大切です。
  2. 飼い主がわかっている犬の場合
     飼い主の責任で、獣医師に犬を検診してもらいます。
  3. 飼い主がわからない犬の場合
     東京都動物愛護相談センターに連絡して、事故発生の日時、場所、被害者、犬の特徴等を通報してください。センターで犬を収容して、狂犬病の検診を行います。

犬がいなくなったら

迷子になったり負傷した犬は東京都動物愛護相談センター多摩支所に保護収容されます。
速やかに連絡してください。
犬鑑札がついていれば登録番号から飼い主を調べて連絡をすることができます。
犬鑑札と狂犬病予防注射済票は犬に着けておくことが義務付けられています。

東京都動物愛護相談センター多摩支所

東京都動物愛護相談センター多摩支所
日野市石田192-33
電話番号:042-581-7435

東京都動物愛護相談センター多摩支所(外部リンク)(別ウインドウで開く)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所くらしと文化部コミュニティ・生活課市民生活係

電話番号: 042-338-6803

ファクシミリ番号: 042-337-7660

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.