ページの先頭です
メニューの終端です。

マイナンバー(個人番号)入り住民票の写しの交付請求について

[2017年5月24日]

ID:2599

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成27年10月5日に番号法(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律)が施行されました。
通常の住民票にはマイナンバー(個人番号)が記載されることはありませんが、法施行日からマイナンバー(個人番号)入りの住民票の交付請求をすることができます。
ただし、マイナンバー(個人番号)入りの住民票の交付請求をする際には、以下の点について、ご注意願います。

事前に確認してください

住民票の提出先へマイナンバー(個人番号)入りの住民票が必要かどうか、事前に確認をしてから市役所へお越しください。

請求方法

本人または本人と同一の世帯に属する者のほか、同一の世帯に属する者以外の代理人(法定代理人、任意代理人の別を問わない)であっても代理権を有することが確認できる書類があれば、請求できます。
ただし、ベルブ永山証明書発行サービスコーナーでは、本人または本人と同一の世帯に属する者のみ請求できます。(代理人による請求は受け付けできません。)

※マイナンバー(個人番号)記載の住民票の請求については、通常の住民票の請求と比べ、本人確認の条件が厳しくなっています。
※同じ住所でも世帯が別々の場合は、任意代理人による請求の扱いとなり、委任状が必要になります。
※任意代理人の方が請求される場合は、委任者が記入した委任状が必要です。
委任状には、「個人番号入り」と記載した委任状をご用意ください。
以下に掲載の委任状をご利用ください。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

持参する書類

請求者が本人または本人と同一の世帯に属する者か、代理人(法定代理人または任意代理人)かによって、持参する書類が異なります。
必要書類等をすべてご用意いただき、ご請求ください。
住民票の写し等交付請求書の様式はダウンロードできます。
また、本人確認書類の具体例は「3 マイナンバー(個人番号)入り住民票の請求にかかる本人確認」にてご確認をいただき、ご用意ください。

1 本人または本人と同一の世帯に属する者

  • 住民票の写し等交付請求書
    (様式の項目「何が必要ですか」の個人番号記載欄に、必ずチェックをしてください。)
  • 本人確認書類
  • 切手貼付済み、あて先記載の返信用封筒(郵送による請求時のみ)

2 本人と同一の世帯に属する者以外の代理人

(ア)法定代理人(本人が15歳未満もしくは成年被後見人の場合)

  • 住民票の写し等交付請求書
    (様式の項目「何が必要ですか」の個人番号記載欄に、必ずチェックをしてください。)
  • 本人の本人確認書類
  • 戸籍謄本または成年後見登記事項証明書
  • 法定代理人の本人確認書類

※戸籍謄本は本籍が多摩市にある場合は提出不要ですが、窓口でその旨を申し出てください。

(イ)任意代理人

  • 住民票の写し等交付請求書
    (様式の項目「何が必要ですか」の個人番号記載欄に、必ずチェックをしてください。)
  • 本人の本人確認書類
  • 委任状
  • 任意代理人の本人確認書類
  • 切手貼付済み、あて先記載の返信用封筒

3 マイナンバー(個人番号)入り住民票の請求にかかる本人確認書類

Aを1 点 または Bを2点
※有効期限のあるものは、有効期限内のものに限ります。
※氏名と住所、または氏名と生年月日が記載されたもので、最新の情報のものに限ります。

A 官公署が発行した次の顔写真付き本人確認書類

  • 住民基本台帳カード(顔写真付)
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書(平成24年4月1日以降のものに限る)
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 障害者手帳
  • 療育手帳 など

B 本人の「氏名と住所」または「氏名と生年月日」が確認できる書類(2点必要)

(例)

  • 健康保険証
  • 介護保険証
  • 国民年金手帳
  • 公的年金証書
  • 各種医療証
  • 納税通知書、市都民税決定通知書 など

ただし「氏名」しか記載の無いものは、認められません

住民票の写し等交付請求書の様式

(詳しくは「手続きの際の本人確認にご協力ください(別ウインドウで開く)」をご覧ください)

交付方法

本人または本人と同一の世帯に属する者に対してのみ交付します。ただし、本人が15歳未満もしくは成年被後見人の場合、その法定代理人の者に対しても交付できます。それ以外の代理人に直接交付することはできません。
よって、上記以外の代理人による請求の場合は、本人の住所地へ郵送(簡易書留)により交付しますので、切手を貼ったあて先記載の返信用封筒を必ずご持参ください。
郵便料(切手代)は、以下をご参照ください。

  • 定形封筒(25gまで)
     392円(内訳 普通郵便料82円、簡易書留料310円)
  • 定形封筒(50gまで)
     402円(内訳 普通郵便料92円、簡易書留料310円)

死者のマイナンバー(個人番号)入りの住民票請求について

死者のマイナンバー(個人番号)入りの住民票(除票)は、以下の取扱いになります。

質問1 相続税申告の際に被相続人の「マイナンバー(個人番号)」の記載を求められている場合、法定相続人からの請求であれば被相続人のマイナンバー(個人番号)入りの住民票(除票)は請求できますか?

回答1 マイナンバー(個人番号)記載の住民票の写しを請求できるのは、原則、本人または本人と同一世帯員であります。
よって、死者の場合は、死亡時の同一世帯員となります。
法定相続人が本人の死亡時に同一世帯員であれば請求できます。

質問2 被相続人が一人世帯の場合、別世帯の法定相続人がマイナンバー(個人番号)入りの住民票(除票)は請求できますか?

回答2 請求できません。

※相続税申告以外の手続きで、死者のマイナンバー(個人番号)入りの住民票が必要になった場合は、市民課までお問い合わせ願います。
なお、回答には日数を要する場合もありますので、ご了承願います。

マイナンバー(個人番号)入りの住民票が使えないケースについて

マイナンバー(個人番号)は、番号法に定められた事務に限り利用することができます。
よって、番号法に定められた事務以外の用途でマイナンバー(個人番号)入りの住民票を提出する場合、使用できない場合があります。
その場合は、再度、マイナンバー(個人番号)を省略した住民票を請求してください。
なお、マイナンバー(個人番号)入りの住民票を提出したことによるトラブル等について、多摩市では、一切その責は負いかねますので、ご了承願います。

関連情報

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

多摩市役所市民経済部市民課

電話番号: 042-338-6823

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


マイナンバー(個人番号)入り住民票の写しの交付請求についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.