ページの先頭です
メニューの終端です。

住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)とは

[2016年10月26日]

ID:2676

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「住基ネット」とは、住民基本台帳を基礎とした全国的なコンピュータネットワークです。
「住基ネット」は、住民基本台帳に記録されている事項のうち、氏名、住所、性別、生年月日の4つの情報と、新たに住民票に加えられた住民票コードとこれらの変更経過情報の6つの情報をもって「本人確認情報」とし、本人の居住関係をコンピュータネットワークを使って効率的に確認しようとするものです。

このようなシステムを創設する理由の一つは、住民が自身の本人確認情報を利用するときに、より利用しやすくするためです。
今までは、住民票の写しは住所地でしか発行できませんでしたが、平成15年8月25日からは「住基ネット」を利用すると、全国どこの市町村でも、本人及び同じ世帯の人の住民票の交付を受けることができるようになりました。(住民票の広域交付)

また、他市へ引っ越しをするときに、マイナンバーカード(個人番号カード)または住民基本台帳カード(住基カード)をお持ちの場合には、転出手続きを行えば、転出証明書の交付を受けることなく、転入先の市町村窓口で転入手続ができます。(転出・転入手続の簡素化)

システムを創設する理由の2つ目は、国、地方公共団体等で行われている事務の効率化を目的としたものです。国、地方公共団体等で行われている事務のうち、恩給等の継続的な給付事務、宅地建物取引主任者資格の登録といった資格付与事務など、住民基本台帳法で特定される事務について、本人確認情報を「住基ネット」を利用して確認し、事務の効率化を図るものです。

そして、マイナンバーカード(個人番号カード)・住民基本台帳カード(住基カード)は、住民票の広域交付や転出・転入手続の簡素化の際に使えるのはもちろん、本人確認書類として利用することができます。

関連情報

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所市民経済部市民課

電話番号: 042-338-6823

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.