ページの先頭です
メニューの終端です。

国民健康保険の加入・喪失・変更などの届出

[2016年1月21日]

ID:3022

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

次のような場合、必ず14日以内に届出をすませてください。
月曜から金曜日は出張所でも届出ができます。

平成28年1月1日以降の届出について

以下の手続きでは、申請・届出時に個人番号(マイナンバー)の記入が必要になります。
個人番号を記入する際には、それぞれの必要なものに加え、番号確認書類と身元確認書類の提示が必要です。
詳しくは、「国民健康保険における個人番号(マイナンバー)の利用について」をご覧ください。

加入

  • 他の市区町村から転入してきたとき
     必要なもの:他の市区町村の転出証明書・印鑑(認め印)
  • 職場の健康保険をやめたとき
     必要なもの:資格喪失証明書または退職証明書など退職日のわかるもの・印鑑(認め印)・年金手帳
  • 職場の健康保険の被扶養者でなくなったとき
     必要なもの:被扶養者でなくなった日のわかる証明書・印鑑(認め印)
  • 子どもが生まれたとき
     必要なもの:保険証、母子健康手帳等出生を証明するもの・印鑑(認め印)
  • 生活保護を受けなくなったとき
     必要なもの:保護廃止決定通知書・印鑑(認め印)
  • 外国人が入るとき
     必要なもの:外国人登録証明書

出産育児一時金

喪失

  • 他の市区町村に転出するとき
     必要なもの:保険証・印鑑(認め印)
  • 職場の健康保険に入ったとき
     必要なもの:国保と職場両方の保険証(職場の健康保険が未交付の時は加入を証明するもの)・印鑑(認め印)
  • 職場の健康保険の被扶養者になったとき
     必要なもの:国保と職場両方の保険証(職場の健康保険が未交付の時は加入を証明するもの)・印鑑(認め印)
  • 死亡したとき
     必要なもの:保険証・死亡を証明するもの・印鑑(認め印) 葬祭費
  • 生活保護を受けはじめたとき
     必要なもの:保険証・保護開始決定通知書
  • 外国人がやめるとき
     必要なもの:保険証・外国人登録証明書

葬祭費

その他

  • 市内で住所が変わったとき
     必要なもの:保険証・印鑑(認め印)
  • 世帯主や氏名が変わったとき
     必要なもの:保険証・印鑑(認め印)
  • 世帯を分けた、またはいっしょにしたとき
     必要なもの:保険証・印鑑(認め印)
  • 修学のため、別に住所を定めるとき
     必要なもの:保険証・在学証明書・印鑑(認め印)
  • 保険証を紛失したとき
     必要なもの:本人であることを証明するもの(保険税納税納付書、運転免許証、パスポートなど)・印鑑(認め印)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

多摩市役所健康福祉部保険年金課国保担当

電話番号: 042-338-6824

ファクシミリ番号: 042-371-1200

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.