ページの先頭です
メニューの終端です。

在宅医療・介護に携わる専門職の皆さまへ

[2017年5月18日]

ID:3096

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

多摩市在宅医療推進のための地域における多職種連携研修について

在宅医療・介護に携わる専門職の皆さんに向けて、お知らせや研修計画を掲載します。

平成30年度の医療・介護関係者の研修実施報告

多摩市在宅医療・介護連携推進協議会では、平成30年度からの専門職を対象とする研修について、研修部会を立ち上げました。

研修部会で研修内容を検討したうえで、平成30年度は3回の研修を実施しました。詳しい内容は添付ファイルをご覧ください。


平成30年度医療・介護関係者の研修実施報告

平成28年度~29年度 医療・介護関係者を対象とした研修と実施結果

高齢者人口の増加に伴い、高齢者が地域で生活者として暮らし続けるために、これからの医療は、病院に入院して高度な医療技術によって「治す医療」だけでは十分ではなく、地域の生活の場で「治し支える医療」である”在宅医療”がクローズ・アップされています。

多摩市在宅医療・介護連携推進協議会では、在宅医療を支える基盤づくりの一環として、医療・介護の多職種連携の実際を学び、地域の専門職の顔の見える関係づくりを目指し、専門職に向けた研修を行いました。

平成29年度多摩市在宅医療推進のための地域における多職種連携研修会報告

多職種連携研修会の集合写真

平成29年度多摩市在宅医療推進のための地域における多職種連携研修会 集合写真

平成29年度は「がん緩和ケア」の領域を選択しました。多摩市医師会他専門職の協力のもと、多摩市オリジナルの内容を多岐に盛り込んだ研修となりました。専門職種がそれぞれの視点を活かし、職種や経験年数にとらわれることなく話し合い、グループディスカッションは大いに盛り上がりました。


多職種連携研修会の集合写真

平成28年度多摩市在宅医療推進のための地域における多職種連携研修会 集合写真

東京大学高齢社会総合研究機構が開発した研修教材に基づき、平成28年度は「認知症」の領域を選択しました。多摩市医師会他専門職の協力のもと、阿部市長の挨拶から始まり、研修プログラムの開発者の一人である飯島勝矢教授、地域の先生方、市内病院の退院調整部門による単元等、充実した内容でした。

「多摩市高齢者在宅療養支援窓口」のご案内

まちの身近な在宅療養の相談窓口ができました。お気軽にご利用ください。

【相談内容】

・医療・介護・福祉関係者からの在宅療養・介護連携に関する相談

・入退院等に際しての医療・介護関係者からの相談

・患者、家族からの在宅療養に関する相談

【相談日時など】

・月曜~金曜(祝祭日及び12月29日~1月3日の間を除く)

・開設時間 10時~12時、13時~16時

・開設場所 多摩市医師会館(多摩市永山5-15)

・相談方法 電話相談等 

・電話 042(357)1677

※多摩市が多摩市医師会に業務委託をして運営しています。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

多摩市役所健康福祉部高齢支援課地域ケア推進係

電話番号: 042-338-6846

ファクシミリ番号: 042-371-1200

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


在宅医療・介護に携わる専門職の皆さまへへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.