ページの先頭です
メニューの終端です。

よこやまの道

[2015年12月28日]

ID:3168

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

  • 最寄り駅
     唐木田駅から徒歩約10分
     多摩センター駅から徒歩約35分
     永山駅から徒歩約35分
  • 駐車場
     無
よこやまの道写真1
よこやまの道写真2
よこやまの道案内図

横たわる美しき尾根のシルエット

多摩丘陵は武蔵の国府(府中)から眺めると横に長く連なる山々でした。
夕暮れ時にシルエットとして浮かぶその美しい姿は、まんようじだいの人々から「多摩の横山」、「眉引き山」などとも呼ばれていました。

はるかな都へ「横山の尾根道」

多摩丘陵の尾根道に当るこの道を「多摩よこやまの道」と名付け、散策路として整備しました。この尾根道は古代より武蔵野と相模野の双方を眺められる高台として、また西国と東国を結ぶ交通の要衝として活用されてきました。
この東西に伸びる尾根筋には鎌倉古道(古街道)が南北に交差し、その痕跡が各所に残され、またさまざまな伝説等も語り継がれています。
古代~中世~江戸時代に渡って政治、軍事、文化、産業、社寺参詣などを目的として、東国西国間の交易を行う商人や武士団、諸国霊場を行脚する巡礼者や都の貴人・官人、また幕末には新選組ゆかりの人々も行き来したと推測され、歴史とロマンを感じることのできる道です。

万葉のロマン 防人・見返りの峠道

万葉集では望郷や別れを惜しむ道筋として「多摩の横山」が詠われています。古代、国防警備の目的で北九州に配置された防人という兵士たちは東国から陸路で都へ、さらに難波津(現在の大阪府の海岸)から船で瀬戸内海を通り九州へ向かいました。再び生きては戻れない覚悟の彼らが、この「多摩よこやまの道」の尾根で故郷を振り返りながら、家族との別れを惜しんだ姿が浮かんできます。

多摩丘陵~里山の自然

「多摩よこやまの道」の尾根道は暮らしの道でもありました。農林業が生活の中心だった時代には、多摩丘陵一帯に田園風景が広がっていました。「多摩よこやまの道」には多摩の農村風景が所々に残されています。多摩丘陵の南側(町田市、川崎市)、北側(多摩市、八王子市)の両岸を眺めながら、尾根沿いに残された里山ともふれあえる道です。

歴史監修 宮田太郎

散策(さんさく)の約束(やくそく) 次(つぎ)の約束(やくそく)を守(まも)って楽(たの)しく散策(さんさく)しましょう

  • ゴミは各自(かくじ)で持(も)ち帰(かえ)りましょう。
  • たばこの投(な)げ捨(す)ては山火事(やまかじ)の原因(げんいん)になります。絶対(ぜったい)にやめましょう。
  • 自然(しぜん)の植物(しょくぶつ)はみんなのものです。植物(しょくぶつ)を採(と)るのはやめましょう。
  • 夜間(やかん)の利用(りよう)はご遠慮(えんりょ)ください。
  • 山道(やまみち)や木階段(もくかいだん)があります。また季節(きせつ)によりマムシやスズメバチが出(で)ることがあります。十分(じゅうぶん)に注意(ちゅうい)して散策(さんさく)しましょう。
  • 散策(さんさく)ルートの近(ちか)くには私有地(しゆうち)があります。むやみに立(た)ち入(い)らないようにしましょう。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所環境部公園緑地課

電話番号: 042-338-6837

ファクシミリ番号: 042-338-6857

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


よこやまの道への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.