ページの先頭です
メニューの終端です。

マンホール(人孔)の耐震化

[2018年3月22日]

ID:3533

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成7年1月に発生した阪神淡路大震災、平成16年10月の新潟県中越地震や平成23年3月の東日本大震災では、下水道管の損傷により、避難所のトイレが使用不能となるなど深刻な問題となりました。
多摩市では、平成17年度から平成27年度まで、多摩市内の防災拠点(市役所本庁舎及び総合福祉センター)、医療対策拠点施設(健康センター)、被災者の収容や医療救援を行う災害拠点病院(日本医科大学多摩永山病院及び多摩南部地域病院)及び市内の避難場所から流域下水道幹線までの間のマンホール(人孔)の耐震化を進めています。
工事は、交通の影響や周辺への騒音環境を軽減するため、道路を掘らずに、マンホールと本管の接合部に柔軟性を持たせる新しい工法で施工しています。なお、マンホールの構造によっては耐震化の施工ができない箇所もあります。

耐震工法のイラスト
下水道マンホールと本管接合部の耐震化施工済み箇所数
整備年度施工済み箇所数
平成17年度97
平成18年度228
平成19年度315
平成20年度175
平成21年度228
平成22年度302
平成23年度251
平成24年度185
平成25年度183
平成26年度136
平成27年度

31

合計

2,131

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所下水道課施設担当

電話番号: 042-338-6845

ファクシミリ番号: 042-339-4413

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.