ページの先頭です
メニューの終端です。

妊婦健康診査について

[2016年2月23日]

ID:3555

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

妊婦健康診査(受診票)について

妊娠がわかったら、必ず妊婦健康診査を受けましょう。

妊婦健康診査は、妊婦さんやお腹の赤ちゃんの健康状態を定期的に確認するため、身体測定や血圧・血液・尿などの検査をします。これにより貧血、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病などの赤ちゃんの発育に影響し、母体の健康を損なう病気に早く気づき、対応することができます。

妊婦健康診査の費用は全額自己負担となるものですが、都内の指定医療機関において受診した場合に、費用の一部を公費で負担する制度があります。回数は14回で、超音波検査・子宮頸がん検診は各1回です。(公費負担には上限があります。自己負担額が発生する場合もありますので、費用につきましては直接、医療機関にお問い合わせください。)

※子宮頸がん検診とHIV抗体検査については、平成28年4月1日受診分から公費負担の対象となります。

妊娠届を提出時に母子健康手帳と一緒に受け取る「母と子の保健バッグ」の中に受診票が入っています。

なお、受診票は再交付できませんので、紛失等なさらないようにご注意ください。

妊婦健康診査受診時期の目安

  • 妊娠初期から23週は健診回数(1回目が8週の場合)4回(受診間隔は4週間に1回)
  • 妊娠24週から35週は健診回数6回(受診間隔は2週間に1回)
  • 妊娠36週から出産までは健診回数4回(受診間隔は1週間に1回)

この目安を参考に「妊婦健康診査受診票」「超音波検査受診票」で妊婦健康診査を受けましょう。

妊婦健診Q&A(厚生労働省のホームページより)(外部リンク)(別ウインドウで開く)

公費負担の妊婦健康診査内容

  • 1回目の検査項目
     問診、体重測定、血圧測定、尿検査(糖、蛋白定性)、血液検査、血液型(ABO、Rh)、貧血、血糖、不規則抗体、HIV抗体、梅毒(梅毒血清反応検査)、B型肝炎(HBs抗原検査)、風疹(風疹抗体価検査)
  • 2回目以降の検査項目
     問診、体重測定、血圧測定、尿検査、保健指導、その他に次の検査項目のうちから1項目を選択して検査を受けることができます。(クラミジア抗原、C型肝炎、経腟超音波、HTLV-1抗体、血糖、貧血、B群溶連菌、NST(ノン・ストレス・テスト)

超音波検査・子宮頸がん検診を各1回受けることができます。

※子宮頸がん検診とHIV抗体検査は、平成28年4月1日受診分より公費負担の対象となります。

転入された方

東京都内から転入された方は、そのまま妊婦健康診査受診票を使用できます。
ただし、超音波検査受診票のない方及び都外から転入された方は、健康推進課へ申請にお越しください。

  • 申請窓口
     健康センター(健康福祉部健康推進課)1階
  • 申請時に必要なもの
     母子健康手帳、申請書、転入前に交付された妊婦健康診査受診票

妊婦健康診査受診票交付申請書

里帰り等妊婦健診受診費助成金について

指定医療機関外での妊婦健康診査の受診費用の負担軽減を図り、母子共に健康な出産を迎えられるように、平成21年4月1日から助成事業が開始されました。
助産所での出産または里帰り出産等の理由により、助産所または都外医療機関等で妊婦健康診査を受診し、妊婦健康診査受診票による妊婦健康診査を受診できなかった方に、妊婦健康診査受診費助成金を交付します。
詳しくは、下記の里帰り等妊婦健診受診費助成金のページをご覧ください。

里帰り等妊婦健診受診費助成金

関連情報

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

多摩市役所健康福祉部健康推進課(健康センター)

電話番号: 042-376-9111

ファクシミリ番号: 042-371-1235

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


妊婦健康診査についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.