ページの先頭です
メニューの終端です。

<公的年金受給者の皆さまへ>扶養親族等申告書の提出をお願いします

[2016年8月24日]

ID:3608

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

扶養親族等申告書の提出により、税金の申告が不要になる場合があります

年金支払者(日本年金機構、各種共済組合等)から送られてくる「扶養親族等申告書」で手続きをすることにより、翌々年2月の申告が不要になる場合があります。
ただし、扶養親族等申告書で申告ができない各種控除を受けるためには、確定申告または市・都民税申告が必要です。

※確定申告または住民税申告が必要かどうかの判別方法は、下記リンクをご覧ください。

扶養親族等申告書が送られてくる方

  • 年齢65歳未満の方で、その年中の年金額が108万円以上の場合
  • 年齢65歳以上の方で、その年中の年金額が158万円以上の場合

扶養親族等申告書が送られてこない方で、かつ配偶者控除、扶養控除、障害者控除、寡婦(夫)控除、年少扶養親族等の追加が必要な場合には、市・都民税の申告が必要です。

「平成31年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」の送付について(別ウインドウで開く)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所市民経済部課税課市民税係

電話番号: 042-338-6821

ファクシミリ番号: 042-338-6825

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.