ページの先頭です
メニューの終端です。

東京文化財ウィーク2017 特別展「広重がくる!本物との出逢い~江戸時代への一日タイムスリップ~」

[2017年9月28日]

ID:3951

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東京文化財ウィーク2017 特別展「広重がくる!本物との出逢い~江戸時代への一日タイムスリップ~」

展示会概要

東京文化財ウィークの特別展として、MOA美術館の御協力を得て、普段は身近にみられない、「本物との出逢い」による美術(文化)遺産を鑑賞することを目的として、旧富澤家で歌川広重の浮世絵(実物・複製)と尾形光琳の屏風(複製)を展示します。 
旧富澤家という、歌川広重と同時代に建築されていた、多摩市を代表する古民家で展示を行うことで、広重の美と建築のコラボレーションが実現します。
さらに、パルテノン多摩でのワークショップ(解説・講演)、図書館での企画展示等を同時に行い、旧富澤家を発信源とした多摩中央公園内の「和(なごみ)」の動線、空間を醸し出し、これらが所在する緑豊かな多摩中央公園の魅力を、「江戸時代への一日タイムスリップ」をキーワードとして発信します。

展示資料・時間等

◆東京文化財ウィーク2017 特別展「広重がくる!本物との出逢い~江戸時代への一日タイムスリップ~」◆

場所:旧富澤家(多摩市落合2-35、多摩中央公園内)

日時:10月22日(日曜日) 【11時00分~15時00分】
           展示資料   歌川広重「東海道五十三次」浮世絵(実物10点)、
                              尾形光琳「紅白梅図屏風」(複製1点)

    10月23日(月曜日)~31日(火曜日)【9時30分~16時30分】
    展示資料  歌川広重「東海道五十三次」浮世絵(複製10点)
            尾形光琳「紅白梅図屏風」(複製1点)


共催

多摩市教育委員会、(公財)多摩市文化振興財団、MOA美術館

料金

無料

共催イベント

◆浮世絵ワークショップ(解説・講演)◆

場所:パルテノン多摩特別展示室(2階)(東京都多摩市落合2-35)
日時:10月22日(日曜日)【11時00分~15時00分の間の午前1回、午後2回】
内容:パルテノン多摩特別展示室ワークショップ(MOA美術館学芸員による浮世絵解説・講座)
       第1回:11時00分~11時30分
       第2回:13時00分~13時30分
       第3回:14時00分~14時30分

パルテノン多摩のホームページはこちら(別ウインドウで開く)


◆図書館企画展示 「広重が切り取った江戸の世界~浮世絵からみる江戸時代の旅~」◆

場所:多摩市立図書館 本館1階 企画展示コーナー(東京都多摩市落合2ー29)
日時:10月1日(日曜日)~31日(火曜日)【休館日:10月5日、9日)  

図書館のホームページはこちら(別ウインドウで開く)


交通手段

●旧富澤家
  京王多摩センター駅、小田急多摩センター駅下車徒歩8分。多摩中央公園大池南側。


●パルテノン多摩
  京王多摩センター駅・小田急多摩センター駅・多摩モノレール多摩センター駅下車徒歩5分。


●多摩市立図書館
  京王線・小田急線・多摩都市モノレール「多摩センター駅」下車徒歩15分。
  聖蹟桜ヶ丘駅発8番バス停鶴牧循環(桜63)「鶴牧西公園入口」下車徒歩5分。
  多摩センター駅発7番バス停富士見下行(多61)、鶴牧循環(桜63)「鶴牧西公園入口」下車 徒歩5分。

東京文化財ウィーク2017 特別展「広重がくる!本物との出逢い~江戸時代への一日タイムスリップ~」 ポスター

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所教育部教育振興課文化財係

電話番号: 042-338-6883

ファクシミリ番号: 042-337-7620

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


東京文化財ウィーク2017 特別展「広重がくる!本物との出逢い~江戸時代への一日タイムスリップ~」への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.