ページの先頭です
メニューの終端です。

青少年のインターネットの安全利用について取り組むべき方向性(平成28年度青少協提言)

[2017年3月17日]

ID:4111

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成28年度多摩市青少年問題協議会では、「青少年のインターネット利用に関するアンケート」の結果をもとに、子どもたちのインターネット利用に関する現状や課題を確認し、「青少年のインターネットの安全利用について取り組むべき方向性」(提言)をまとめました。
子どもたちがインターネットを安全に、安心して利用することができるように、提言へのご協力をお願いします。

青少年のインターネットの安全利用について取り組むべき方向性

インターネットイラスト

インターネットは、世界中のさまざまな情報を調べることができる便利なものです。学校教育でも利用され、インターネットを使いこなす力は青少年にとってとても大切です。
一方、インターネット上には有害な情報も多く、また、インターネット利用により、個人情報の流出や不正な料金請求などさまざまなトラブルにつながる可能性があります。さらには、SNSなどのインターネット上の交流サイトで知り合ったことをきっかけに、犯罪につながるケースも増えています。
多摩市青少年問題協議会では、子どもたちがインターネットを安全に、安心して利用することができるように、家庭、学校、行政がそれぞれの役割に応じた対策を講じることが必要と考えます。
そこで、取り組むべきこととして、次のことを提案します。 

家庭において

  • 保護者自身が、子どものインターネットの利用状況や利用内容に関心をもち、子どもが利用するインターネットサービスとその危険性について学びましょう。 
  • 子どもが利用する情報通信機器にフィルタリングを設定するとともに、子どもと話し合い、インターネット利用に関するルールづくりをしましょう。あわせて、守るべきルールを共に確認し、守れなかった場合にどうするべきかも話し合いましょう。学年があがるにつれて変化するインターネットの利用方法にあわせて、ルールを見直すことも大切です。

学校において

  • 児童・生徒への情報リテラシー教育を行なうことが求められています。子ども同士で話し合い、インターネットの利用方法について共に学び合う機会を作ることも大切です。
  • 保護者会などを利用して、保護者へのインターネット利用に関する注意喚起と啓発を積極的に行ないましょう。

行政の役割

  • 青少年のインターネットの安全利用について、啓発資料の作成やHP掲載、講演会の開催などにより情報提供や啓発を行ないましょう。
  • ながらスマホや電車内での電話などは他人の迷惑となる行為で、事故やトラブルに発展する可能性があります。スマートフォンや携帯電話の利用に関する大人のマナー向上のための意識啓発を行ないましょう。

参考資料

インターネットの安全利用対策のためのリーフレット

それぞれのご家庭で安全対策を立てていただくための参考として、リーフレットを作成しました。リーフレットについては下記ページをご覧ください。

平成28年度多摩市青少年問題協議会報告書

アンケート結果や、青少年のインターネット利用に関する現状や課題に関する考察などについては、平成28年度多摩市青少年問題協議会報告書をご覧ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所子ども青少年部児童青少年課青少年係

電話番号: 042-338-6917

ファクシミリ番号: 042-372-7988

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


青少年のインターネットの安全利用について取り組むべき方向性(平成28年度青少協提言)への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.