ページの先頭です
メニューの終端です。

「パルテノン多摩をどう使う?」パルテノン多摩市民ワークショップを開催しました(平成29年度)

[2017年9月5日]

ID:4988

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

パルテノン多摩の大規模改修前に今後、パルテノン多摩をどう使うかについて考えるための市民ワークショップを、平成29年6月より開催しました。公募を含む約40名の市民を中心にして、子育て世代や中学生などの多くの声も聴きながら議論を進めてきました。

本ワークショップのメインファシリテーターには、ワークショップの第一人者である千葉大学の木下勇教授をお迎えして、メインとなるワークショップを5回、参加者が勉強するための講演会を4回、その他子育て世代や中学生を対象としたフォローワークショップを5回行ってきました。

メインワークショップ

第1回ワークショップ

第1回ワークショップ開催の様子

日時
平成29年6月3日(土曜日)13時30分から16時30分まで

場所
多摩市役所 301・302会議室

参加者
33名

内容

  1. アイスブレイク(自己紹介、タワーゲーム、ワークショップのイメージ共有)
  2. 説明「パルテノン多摩の改修にあたり気に留めておきたい4つのポイント」
  3. ワールドカフェ形式にて「パルテノン多摩の『良いところ』と『問題点』」についてグループディスカッション
  4. グループ発表及び全体討議

当日配布資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

第2回ワークショップ

第2回ワークショップ開催の様子

日時
平成29年6月11日(日曜日)10時00分~13時30分

場所
多摩市役所 301・302会議室

参加者
33名

内容

  1. 前回のワークショップのふりかえり
  2. パルテノン多摩をつかった体験談
  3. グループ作業(1)「10年後、新しいパルテノン多摩で私がしたいこと」
  4. グループ作業(2)「10年度のビジョンに向かって、どう具体的に取り組めるかについて、7つのグループに分かれて検討」
  5. グループ発表及び全体討議

第3回ワークショップ

第3回ワークショップ開催の様子

日時
平成29年7月9日(日曜日)13時から16時まで

場所
多摩市役所 301・302会議室

参加者
28名

内容

  1. 前回の振り返り及び育児中の方対象、中学生対象ワークショップの報告
  2. 多摩市文化振興財団による説明
  3. 人気投票(グループワークで出た意見を「空間・建築面」「事業・運営面」に分けて項目別に分類し、どこに重点をおいて考えるべきかを検討)
  4. 全体討議

第4回ワークショップ

第4回ワークショップ開催の様子

日時
平成29年7月17日(月曜日・祝日)13時から16時まで

場所
多摩市役所 西第1・2会議室

参加者
28名

内容

  1. 前回の振り返り及び中学生対象ワークショップ、第4回講演会の報告
  2. パルテノン多摩に関する他の検討、図書館基本構想など周辺の関連の動きについて
  3. これまでのワークショップで出てきた、新しいパルテノン多摩に求められる空間の機能を、図面上に配置してみる
  4. 発表及び全体討議

当日配布資料

第5回ワークショップ

第5回ワークショップ開催の様子

日時
平成29年7月30日(日曜日)13時から16時30分まで

場所
パルテノン多摩 第1会議室

参加者
29名

内容

  1. 「ホールの規模」「博物館の機能と空間」「パルテまるごとカフェのようにするには」「目的・目標・キャッチコピーの表現」「市民協働運営のやりやすいカタチは?」「その他」の6つのグループに分かれ、ワールドカフェ形式でディスカッション
  2. グループ発表及び全体討議
  3. 成果発表会

当日配布資料

フォローワークショップ

土曜日、日曜日に全5回で開催しているメインワークショップに参加が難しい育児中の方々や、地域の中学生を対象に公民館保育室や市内中学校においてミニワークショップを開催しました。

育児中の方対象ワークショップ

第1回 平成29年6月12日(月曜日)10時から12時まで 永山公民館 保育室

第2回 平成29年6月28日(水曜日)10時から12時まで 永山公民館 保育室

開催の記録

中学生ワークショップ

第1回 平成29年7月3日(月曜日)16時30分から18時まで 鶴牧中学校

第2回 平成29年7月5日(水曜日)16時30分から18時まで 青陵中学校

第3回 平成29年7月10日(月曜日)16時30分から18時まで 和田中学校

開催の記録

講演会

第1回講演会 ワークショップの理解をすすめる

第1回講演会開催の様子

講師:千葉大学大学院園芸学研究科教授・工学博士 木下 勇 氏

市民が主体となり創造性が育まれる本来の市民参加の手法として「ワークショップ」は使われます。
「ワークショップとは何か?」というワークショップの基礎的な理解を深めるための講演会です。

開催概要

日時

平成29年6月3日(土曜日) 10時から12時まで

場所

永山公民館 ベルブホール

参加者数

65名

第2回講演会 「オープン」と「コラボレーション」で地域社会の新しい未来をつくる―山口情報芸術センター[YCAM]の取り組み

第2回講演会開催の様子

講師:山口情報芸術センター(YCAM(ワイカム)) ドキュメンタリスト 渡邉朋也 氏

山口県山口市にあるYCAMは、メディアアートをテーマにした文化施設です。同時に“ともにつくり、ともに学ぶ”を活動理念に、子どもたちのための新しい遊具「コロガルガーデン」や台所からバイオを学ぶ「キッチンラボ」などユニークな活動を続けています。多摩美大出身で多摩をよく知る渡邉さんにその活動を紹介してもらうとともに、これから多摩でできることを考えるきっかけづくりとなる講演会です。

開催概要

日時

平成29年6月18日(日曜日) 10時から12時まで

場所

パルテノン多摩5階 シティサロン

参加者数

27名

第3回講演会 多様であることを生きる公共ホール

第3回講演会の様子

講師:いわき芸術文化交流館アリオス 支配人 大石 時雄 氏

いわき芸術文化交流館アリオスは、市民と共に検討を重ねながらつくられて来た公共ホールです。市民と共につくるとしても、ホールの専門家や関係者でない人、演劇や音楽などの舞台芸術にまったく関心のない人は手を挙げて発言することはできません。そこで、今回の講演では「トイレ」という、だれもが生きていくうえで必要とし、だれもが日常生活のなかで使っているものを題材に、多くの市民が関わる公共ホールを考えていきます。いわき芸術文化交流館アリオスの設立から、現在まで携わってきている大石さんならではの切り口から、公共ホールを考える講演会です。

開催概要

日時

平成29年6月25日(日曜日) 14時から16時まで

場所

パルテノン多摩 第1会議室

参加者数

33名

第4回講演会 コミュニティDIY みんなでつくる明日のひとまちくらしの拠点

第4回講演会開催の様子

講師:関東学院大学人間共生学部 共生デザイン学科 准教授 日髙 仁 氏

山口情報芸術センター(YCAM(ワイカム))をはじめ内外の文化施設の設計に携わる一方で、自らが営む地域の拠点「南町テラス」や「柏の葉アーバンデザインセンター」、「まちなみデザイン逗子」など、日高さんは生活感覚を大事にしながら、街のあしたをみんなで考える場所づくりや活動に積極的に取り組んできました。豊富な実体験をふまえて、これからの文化施設が持つ可能性について、考える講演会です。

開催概要

日時

平成29年7月14日(金曜日) 19時から21時まで

場所

パルテノン多摩 第1会議室

参加者数

21名

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所くらしと文化部文化・市民協働課

電話番号: 042-338-6882

ファクシミリ番号: 042-371-3711

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


「パルテノン多摩をどう使う?」パルテノン多摩市民ワークショップを開催しました(平成29年度)への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.