ページの先頭です
メニューの終端です。

朝鮮民主主義人民共和国の核実験に対する、市長のコメントおよび抗議文の送付について

[2017年11月16日]

ID:5222

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

朝鮮民主主義人民共和国の核実験に対する、市長のコメントおよび抗議文の送付について

平成29年9月3日に朝鮮民主主義人民共和国が核実験を行ったとの報道がありました。
多摩市は平成23年に非核平和都市宣言を行い、恒久平和と核兵器廃絶の実現を訴えてきました。

多摩市長は、コメントを発表するとともに、国務委員会委員長である金正恩氏に抗議文を送付しました。



北朝鮮の核実験に関する多摩市長コメント

  • 平成29年9月3日、北朝鮮が6回目の核実験を強行しました。 
  • 日本上空を通過した先日のミサイル発射とともに、国際社会の非難を無視した暴挙であり、本日、北朝鮮に対して抗議文を送付しました。
  • 全ての人の願いである核兵器のない平和な社会が、自国の威信や利益を優先する一部の権力者により脅かされていることは憂慮に堪えません。
  • 北朝鮮を巡る核やミサイル問題の対話による解決に向け、唯一の戦争被爆国である日本政府が強いリーダーシップを発揮されることを期待します。

                                              平成29年9月4日
                                              多摩市長 阿部裕行  


抗議文

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所企画政策部企画課

電話番号: 042-338-6813

ファクシミリ番号: 042-337-7658

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.