ページの先頭です
メニューの終端です。

平成29年度多摩市障がい者生活実態調査報告書

[2018年2月7日]

ID:6261

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成29年度多摩市障がい者生活実態調査報告書

 この調査は、「多摩市障がい者基本計画(平成30(2018)年度~平成35(2023)年度)、多摩市障害福祉計画(第5期平成30(2018)年度~平成32(2020)年度、多摩市障がい児福祉計画(第1期平成30(2018)年度~平成32(2020)年度)」の策定に必要な基礎資料を得るために実施しました。また、今後の多摩市の障害福祉施策の計画・実施にも結果を反映させていきます。

1.調査項目
 多摩市に暮らす障がい者の家族会や当事者の会と話し合い、ご意見・ご提案等を取り入れながら作成された平成25年度の調査項目を基に作成しています。さらに制度変更等の修正や設問の追加を行うとともに、障がい者支援に精通されている障害福祉サービス事業者、相談支援事業者、保健・福祉・教育関係者、障害団体、学識経験者などで構成されている多摩市地域自立支援協議会や権利擁護専門部会でのご意見を参考に作成しました。

2.実施期間
 平成29年5月15日(月曜日)~平成29年5月31日(水曜日)

3.調査方法
 無記名の郵送による配布・回収

4.調査対象者
 平成29年4月末日現在、多摩市内の下記の障害者手帳を持っている方及び障害福祉サービス利用者の方を対象としています。(障害が重複している場合、調査対象の区分は主な障害を対象としています。)

 1)身体障害者手帳をお持ちの方
 2)愛の手帳をお持ちの方
 3)精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方
 4)自立支援医療(精神通院医療)の給付を受けている方
 5)難病患者の方
 6)手帳をお持ちではなく障害福祉サービスなどを利用している方(高次脳機能障害や発達障害等の精神疾患の方)

 多摩市における調査対象者の総数は、8,282名となりますが、今回の調査では障がい児・者の生活実態を均一に把握することを目的に各対象者別に18歳未満と18歳以上に分けたうえで、それぞれ50%の無作為抽出により、4,141名の方を調査対象者としています。

 また、前回の調査では、身体障がい者の65歳以上の方は4分の1(25%抽出)を対象としておりましたが、今回の調査では18歳以上の方を50%無作為抽出としています。そのため、前回調査では身体障がい者の調査対象者に占める65歳以上の方の割合は37.2%でしたが、今回の調査では72.1%となっています。

5.アンケート票回収結果

 ・回収数(無効票含む) : 1,861
 ・有効回収数       : 1,855
 ・有効回収率       : 44.8%

6.閲覧、販売場所等
 閲覧場所 : 行政資料室  市内各図書館  多摩ボランティア・市民活動支援センター
 販売場所 : 市役所1階売店  行政資料室
 販売価格 : 490円

平成29年度障がい者生活実態調査報告書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所健康福祉部障害福祉課相談支援担当

電話番号: 042-338-6847

ファクシミリ番号: 042-371-1200

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.