ページの先頭です
メニューの終端です。

大気汚染医療費助成制度

[2020年10月2日]

ID:6575

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

大気汚染医療費助成制度の申請は郵送での受付を行っています

新型コロナウイルス感染症対策として、大気汚染医療費助成制度について、郵送での申請を承ります

郵送で各種ご申請をされたい方へ
申請内容ご案内内容
新規申請をしたい

申請書類は福祉総務課のみで配布しています。以下の連絡先までご連絡ください。

更新申請をしたい

郵送での申請が可能です。通常どおり窓口での受付も実施しております。

※住所・氏名・保険証等の内容が変わっている方は以下の連絡先までお問い合わせください。

※郵送でのご提出の場合、書類に不備があった際には早急にご対応いただくとともに、送付書類を一式ご返送いたしますのでご了承ください。

住所・氏名・保険証等の内容変更をしたい

変更届が必要です。変更届は福祉総務課のみで配布しています。以下の連絡先までご連絡ください。

医療券を返却したい

返却の期限はございませんのでご用のあるときにお立ち寄りいただくか、次回の更新の際にお持ちください。

※表内に該当しないお手続きに関しましてもご対応が可能な場合がございますので、福祉総務課までお問い合わせください。


平成30年4月1日から一部自己負担が生じます。一部自己負担が生じるのは、生年月日が平成9年4月1日以前の方です。
18歳以上の方の新規申請の受付は行っておりませんので、ご注意ください。

新型コロナウイルス感染症のまん延の影響に伴う大気汚染医療費助成更新手続きの特別措置について

  1. 新型コロナウイルス感染症のまん延により、通院が困難で「主治医診療報告書」の取得が困難な場合、認定申請書への添付を省略することができることとします。
  2. 1の場合、以下の書類が更新申請時の必要書類となります。
      (1)認定申請書
      (2)住民票
      (3)健康保険証等の写し
      (4)健康・生活環境に関する質問票(任意)
      (5)「主治医診療報告書」を後日提出する旨の誓約書
  3. 1の場合、誓約書(窓口にて配付)へ受給者番号・住所・氏名を記入し、押印のうえ、更新書類と一緒に提出してください。
  4. 認定期間は延長になりません。更新申請書類の提出は通常のスケジュールなのでお気を付けください。
  5. 「主治医診療報告書」は取得が可能な状態になりましたら、速やかに取得して提出をお願いします。
  6. この制度の適用は令和2年10月1日から令和3年3月31日までです。

※これは特別な措置なので、通常どおりの更新手続きが可能な方は、「主治医診療報告書」等必要書類をそろえて、更新申請書類の提出をお願いします。

大気汚染医療費助成制度改正のお知らせ

平成30年4月1日から助成制度が改正されます

改正の詳しくは、東京都福祉保健局健康安全部環境保健衛生課 電話番号03-5320-4492にお問い合わせいただくか、次の東京都のホームページをご覧ください。

大気汚染医療費助成制度

対象疾病(続発症を含む)

  • 気管支ぜん息
  • 慢性気管支炎
  • ぜん息性気管支炎
  • 肺気しゅ

対象となるのは、次の4つの要件を全て満たす方です。

  1. 18歳未満の方(18歳の誕生日が属する月の末日までの間にある方を含む)
  2. 現に上記対象疾病にかかっている方
  3. 都内に引き続き1年(3歳未満は6か月以上)以上お住まいの方(住民登録されている方)
  4. 健康保険等に加入している方
  5. 申請日以降喫煙しない方

1~5をすべて満たしていることが必要です。

助成内容

・平成30年4月1日以降の診療分から、認定された疾病に対する保険診療の窓口支払額のうち、月額6千円までが自己負担となります。
・同じ月に支払った各医療機関等(病院・診療所・薬局)の医療費を合算し、月額の合計が6千円に達したときは、その月はそれ以上の自己負担はありません。
・月額の自己負担額は、各医療機関等(病院・診療所・薬局)で「自己負担限度額管理票(東京都大気汚染医療費助成用)」に記載してもらい、管理してください。

医療券の有効期間は、市役所で申請書を受理した日から、

  1. 2年を経過した日以降の直近の誕生日の属する月の末日まで
  2. 18歳の誕生日の属する月の末日まで

いずれか短い方となります(医療券に記載されます)。

詳しくは下記東京都福祉保健局大気汚染医療費助成のホームページを参照ください。

申請書類の配布・受付窓口

申請書類の配布・申請受付は、福祉総務課(市役所本庁舎4階)です。

新規申請の手続き

申請書類は、福祉総務課(市役所本庁舎4階)で配布しています。

更新の手続き

有効期間満了後も引き続き助成を受けようとする方は、有効期間満了の1か月前までに、更新の手続きをしてください。

変更の届け出等について

1.認定患者に以下の変更が生じた場合は、1か月以内に手続きが必要です。

必要書類をお持ちの上、福祉総務課(市役所本庁舎4階)にて手続きをしてください。

住所・氏名

  • 住所や名前が変わったとき
     必要書類:医療券 住民票(1か月以内に発行されたもの)

健康保険証

  • 保険の種類が変わったとき(例:国保から組合、協会から国保など)
     必要書類:医療券 新しい保険証の写し
  • 保険証の記号・番号、保険者番号が変わったとき
     必要書類:医療券 新しい保険証の写し
  • 高齢者受給者証、後期高齢受給者証を新たに取得したとき
     必要書類:医療券 新しい証の写し
  • 負担割合が変わったとき(高齢受給者・後期高齢受給者のみ)
     必要書類:医療券 新しい証の写し

2.次の場合は、理由を添えて医療券を福祉総務課までお返しください。

  • 有効期間が満了したとき
  • 都外へ転出したとき
  • 生活保護などの医療給付を受けるようになったとき
  • 治ゆ、死亡などにより、医療券を使用しなくなったとき

お問い合わせ先

受付等に関するお問い合わせは、福祉総務課へ

制度に関するお問い合わせは、東京都福祉保健局環境保健衛生課へ 電話03-5320-4492

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所健康福祉部福祉総務課福祉総務担当2

電話番号: 042-338-6889

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.