ページの先頭です
メニューの終端です。

多摩市はチャレンジ!!オープンガバナンス2018に参加しました。

[2019年3月12日]

ID:7507

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

チャレンジ!!オープンガバナンス2018への参加

「市民がデザインするまち多摩」の創造に向けた取組として、多摩市では多摩市自治基本条例に定めた各種市民参画手法の整備に加え、オープンデータをはじめ各種行政情報の公開を進めています。また平成30年度は、8月19日(日曜日)に開催したまちづくりシミュレーションゲーム「SIMたま2030」体験会を皮切りに市民が主体的に市の行財政を知る、考える、語り合える場づくりを推進し、市民協働での財政白書づくりに取り組んでいます。


こうしたデータやエビデンスを活用した市民協働で地域課題の解決活動の一環として、東京大学公共政策大学院 「情報通信技術と行政」研究プログラム(PadIT)主催の「チャレンジ!!オープンガバナンス2018(別ウインドウで開く)」に参加いたしました。

コンテストについて

コンテスト名

「チャレンジ!!オープンガバナンス2018」(通称「COG2018」)

2016年度から開始した地域課題解決コンテスト

参加自治体数:37

コンテスト結果

以下2作品が、ファイナリスト賞(ベスト13の内2作品)を受賞しました。

入選作品数:13 (全応募作品数 59)

表彰式後の多摩市若者会議チーム
市民のミカタ&CodeForTamaの発表
受賞作品
 作品名 応募チーム多摩市からの課題 
 みんなの縁を結び、感謝と恩を贈り合う多摩ニュータウンを創る「未知プラットフォーム」 多摩市若者会議 誰もが暮らしやすく、誰もが地域社会の担い手になる新しい多摩ニュータウンの創造
 公開された各種財政データのXViewによる行財政状況の把握とこの活用による市民とともに作る財政白書 市民のミカタ&CodeForTama 公開された各種財政データを活用して市民が自分事として行財政状況を把握できる環境整備
※アイデアの内容や審査結果等の詳しくは、コンテストのホームページ(別ウインドウで開く)を参照ください。

市民がデザインするまち多摩に向けた機運向上を期待

本コンテストで評価されたアイデアの実現に向けて、応募チームを中心とした市民の盛り上がりを期待するとともに、必要データの公開等市としてもこの取組みを応援してまいります。
地域課題解決に向けてアイデアの実践に取り組む受賞チームの今後の活動にご注目ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所企画政策部企画課

電話番号: 042-338-6813

ファクシミリ番号: 042-337-7658

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.