ページの先頭です
メニューの終端です。

健幸まちづくりシンポジウム~このまちで暮らすあなたと考える持続可能な地域づくり~を開催しました

[2018年12月13日]

ID:8090

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 多摩市では、誰もが健康で幸せを実感できる「健幸都市(スマートウェルネスシティ)」を目指した取り組み、「健幸まちづくり」を進めています。
 健幸まちづくりは、多摩市を元気にするために、行政だけでなく、市民の皆さんや団体、事業者、大学等で取り組む、まちぐるみのチャレンジです。

 このたび、「多摩市を、若者もお年寄りも誰もが健康で幸せに過ごせる魅力的なまちにするには?」をテーマに、まちづくりを実践する事業者、医療関係者、NPO団体が共に考えるシンポジウムを開催しました。
 当日は、210人の方にご来場いただき、多くの方に健幸まちづくりについて知っていただける機会となりました。

概要

  • 日時 平成30年11月1日(木曜日) 14時~16時30分
  • 会場 パルテノン多摩小ホール(多摩市落合2-35)
  • 共催 一般社団法人環境未来フォーラム、多摩市、公益財団法人多摩市文化振興財団

※入場無料

プログラム

基調講演「人生を最後まで自分らしく生ききるために―医療・介護の自己決定のススメ―」

【講師】
 河北医療財団理事長相談役 天本 宏 氏

 講演では、人生の質を高めるために、一人ひとりが自分に合った医療について考え、自ら方針を選択することの重要性をお話しいただきました。また、自らが望む人生の最終段階における医療・ケアについて、前もって考え、医療・ケアチーム等と繰り返し話し合い共有する取り組み、「アドバンス・ケア・プランニング(人生会議)」についてもご紹介いただきました。

ミニコンサート

【出演】
 岩根 愛(第1ヴァイオリン)
 竹花 英里子(第2ヴァイオリン)
 浅井 久美子(ヴィオラ)
 渋井 妙(チェロ)
【演奏曲】
 モーツァルト:弦楽四重奏曲第14番 k.387ト長調「春」より第1・3楽章
 ピアソラ:リベルタンゴ
 いずみたく:見上げてごらん夜の星を
【協力】
 音の葉 ながはらゆうこ

パネルディスカッション「誰もが健幸にすごせる魅力あるまちづくりのために」

【コーディネーター】
 倉吉 紘子(多摩市健幸まちづくり政策監)
【パネリスト】
 中尾 唯史 氏 (UR都市機構多摩エリア経営部担当部長)
 古屋 圭子 氏 (京王電鉄株式会社沿線価値創造部長)
 田村 豊 氏 (多摩市医師会会長)
 篠崎 裕子 氏 (特定非営利活動法人どんぐりパン理事長)

 さまざまな立場からまちづくりに関わるパネリストの方々から、現在実践している取り組みや、市民の皆さんの健幸獲得に向けたメッセージなどをお話しいただきました。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所健康福祉部健幸まちづくり推進室健幸まちづくり係

電話番号: 042-338-6916

ファクシミリ番号: 042-371-1200

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


健幸まちづくりシンポジウム~このまちで暮らすあなたと考える持続可能な地域づくり~を開催しましたへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.