ページの先頭です
メニューの終端です。

「多摩ニュータウン再生プロジェクト 第6回シンポジウム」平成31年2月4日

[2019年1月20日]

ID:8226

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

多摩ニュータウン再生プロジェクト第6回シンポジウム

 多摩市では、多摩ニュータウン再生の取り組みについて、市民をはじめとする関係者との情報共有や意見交換の機会として、毎年シンポジウムを開催しています。
 6回目の開催となる本年度は、市のニュータウン再生に係る取り組みの報告、有識者からの基調講演及び座談会の3部構成で実施し、多くの方々にご来場いただきました。

 第2部の基調講演では、東京藝術大学准教授、RFA主宰、埼玉県の鳩山町コミュニティ・マルシェの運営に総合ディレクターとして携わっていらっしゃる藤村龍至氏より講演をいただきました。また、第3部では同氏と「多摩市ニュータウン再生推進会議」の学識委員、市民委員、多摩市長をまじえた座談会を行いました。座談会では、ご来場いただいた市民の方々からニュータウン再生に係る意見を頂戴し、パネリストとの意見交換を行いました。

 そのほか、第1部では、永山駅周辺の再構築に向けて、市民ワークショップにて2040年代の将来像を描いた「永山駅周辺再構築ビジョン」の発表行いました。

開催概要

日時

平成31年2月4日(月曜日)13時30分~16時45分

(開場 13時00分)

会場

パルテノン多摩小ホール(多摩市落合2-35)

定員等

定員 250人(先着順)

※参加費無料

※手話通訳あり

プログラム

第1部 報告

『多摩市ニュータウン再生推進会議からの報告』

西浦定継氏(多摩市ニュータウン再生推進会議職務代理者、明星大学理工学部総合理工学科教授)

『永山駅周辺再構築ビジョンについて』

楊光耀氏(多摩市ニュータウン再生推進会議市民委員)

第2部 基調講演

講演テーマ

『市民目線での魅力づくり・ブランディングについて』

藤村龍至氏(東京藝術大学美術学部建築科准教授、RFA主宰)

第3部 座談会

テーマ『市民と共に描く多摩ニュータウンの未来』

<コーディネーター>

上野淳氏(多摩市ニュータウン再生推進会議委員長、首都大学東京学長)

<パネリスト>

藤村龍至氏(前出)

松本真澄氏(多摩市ニュータウン再生推進会議委員、首都大学東京助教)

小野澤裕子氏(多摩市ニュータウン再生推進会議市民委員)

加藤岳洋氏(多摩市ニュータウン再生推進会議市民委員)

楊光耀氏(前出)

阿部裕行(多摩市長)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

多摩市役所都市整備部都市計画課ニュータウン再生係

電話番号: 042-338-6959

ファクシミリ番号: 042-339-7754

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


「多摩ニュータウン再生プロジェクト 第6回シンポジウム」平成31年2月4日への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.