ページの先頭です
メニューの終端です。

平成31年度旧多摩聖蹟記念館常設展1「志士をとりまく墨絵の世界」

[2019年4月24日]

ID:8730

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

旧多摩聖蹟記念館常設展1「志士をとりまく墨絵の世界」

鎖国と攘夷に揺れた幕末の志士たちは先進的な思想の持ち主であり、行動力ある人物であると同時に、当時のたしなみとして絵を描くことのできる素養を持つ人物をいました。明治天皇御遺愛品である熊谷直彦の「山水図」、三条実美、五代友厚が余戯で描いた「蘭竹之図」「墨竹図」等を紹介します。

日時

展示期間
 平成31年4月27日(土曜日)~令和元年7月7日(日曜日)

開館時間
 10時~16時

料金

無料

場所

旧多摩聖蹟記念館(多摩市連光寺5-1-1 都立桜ケ丘公園内)

休館日・交通案内

平成31年度旧多摩聖蹟記念館常設展1「志士をとりまく墨絵の世界」

                               「志士をとりまく墨絵の世界」

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

多摩市役所教育部教育振興課文化財係

電話番号: 042-338-6883

ファクシミリ番号: 042-337-7620

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.