ページの先頭です
メニューの終端です。

市民の声 平成31年2月

[2019年10月1日]

ID:8828

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ふるさと納税の返礼品について

 市外の者ですが、多摩市の温水プールを利用させて頂いております。ふるさと納税で、プールの年間利用券を採用頂けたら、ありがたいと思っております。

(回答)企画課

 このたびは、貴重なご意見をいただきましてありがとうございます。
 個人からの自治体への寄附に対する寄附金税制である「ふるさと納税制度」は、平成27年度の制度改正以降、広く浸透し、増々利用が増えているところです。
 そのような状況の中で、本市の「ふるさと納税」に対する返礼品は、平成27年11月の導入以降、一貫して市への直接の訪問につながるものとしています。これは返礼品の内容により過剰に寄附を促すことに主眼を置くのではなく、市外からの直接の来街に資する返礼品を設定することで、制度を活用しながら本市のシティセールスにつなげるためです。
 今回は「市の公共施設(温水プール)の利用券を返礼品にしてほしい」という内容のご提案ということで、市の直接の来街につながる内容となっておりますが、公共施設は本来、市民のための施設であることから、本市としては「ふるさと納税」の返礼品として活用していくことに対しては慎重な姿勢であり、現時点ではそのような返礼品を設定する考えはございません。
 他方、他の自治体では公共施設を市の魅力と捉え、年間利用券等を「ふるさと納税」の返礼品に設定している自治体も少なからずございます。今後も本市の「ふるさと納税」の返礼品については、国の動向や他の自治体の事例も踏まえながら、適宜見直しを図ってまいりますので、その検討のなかでは、今回のご提案のような公共施設の活用の視点も参考とさせていただきながら、さまざまな検討を行ってまいりたいと思います。
 今後とも、市政にご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所企画政策部秘書広報課市民相談係

電話番号: 042-338-6806

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.