ページの先頭です
メニューの終端です。

障害年金を受けている方の障害状態確認届(診断書)等の手続きが変更されます

[2019年7月18日]

ID:9248

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

所得状況届(ハガキ)の提出が不要になります。

20歳前の傷病による障害の方

日本年金機構が市区町村から所得情報の提供を受けることとなるため、これまで提出いただいていた所得状況届(ハガキ)は、今後は原則として提出いただく必要がありません。

※日本年金機構が前年分の所得情報の提供を受けられないときは、これまでどおり所得状況届の提出が必要となりますので、届出に関する必要な案内を送付します

障害状態確認届(診断書)の提出時期が誕生月の月末に変更されます。

20歳前の傷病による障害の方

これまで障害状態確認届(診断書)は7月末までに提出いただいていましたが、今後は誕生月の月末までに変更されます。障害状態確認届(診断書)の用紙は、今後誕生月の3か月前の月末に日本年金機構から送付されます。

次回の診断書提出予定年月は前回認定時に案内していますが、下記のとおり変更になります。提出期限が令和元年8月以降の方が対象です。

変更後の次回診断書提出予定年月

すでに案内している次回診断書提出予定年月 

変更後の次回診断書提出予定年月 

 平成31年7月 令和元年7月以降の最初の誕生月
 平成32年7月 令和2年7月以降の最初の誕生月
 平成33年7月 令和3年7月以降の最初の誕生月
 平成34年7月 令和4年7月以降の最初の誕生月
 平成35年7月 令和5年7月以降の最初の誕生月
 平成36年7月 令和6年7月以降の最初の誕生月

障害状態確認届(診断書)の作成期間が拡大されます。

提出期限が令和元年の8月以降となる方

障害状態確認届(診断書)の作成期間が提出期限1か月以内から3か月以内に拡大されます。障害状態確認届(診断書)の用紙は、今後誕生月の3か月前の月末に日本年金機構から送付されます。

障害給付額改定請求書に添付する診断書の作成期間が拡大されます。

令和元年8月以降の請求分が対象

これまで障害給付額改定請求書には、提出する日前1か月以内の障害状態を記入した診断書を添えることとされていましたが、今後は提出する日前3か月以内の障害状態を記入した診断書を添えてください。

関連情報

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所健康福祉部保険年金課国民年金係

電話番号: 042-338-6844

ファクシミリ番号: 042-371-1200

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.