ページの先頭です
メニューの終端です。

関戸公民館開館20周年記念事業第一弾 落語と音楽の幸せな出会い

[2019年7月24日]

ID:9307

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

関戸公民館開館20周年記念事業第一弾

落語と音楽の幸せな出会い

 聖蹟桜ヶ丘市街地再開発事業により、駅南側に建設された『ヴィータコミューネ』。その7階、8階に市民の交流の場として学習活動に関する支援を行い、各種講座、鑑賞事業などを開催する教育施設としてオープンした関戸公民館は、この秋20周年を迎えます。

 それを記念する第一弾の催しです。

 オリジナル落語「ヨハン・シュトラウス2世」を、東京都交響楽団メンバーらとのコラボレーションでお楽しみください。公民館青年教室から誕生した多摩落語 寝床の会による『せきど落語会』の特別版でお届けします。
 落語とミニコンサートもあります。


出演 三笑亭可龍(落語)、

           大和加奈(バイオリン)、

           清水詩織(チェロ)、

           山本佳澄(ピアノ) 


公演日時

9月22日(日曜日)15時開演 
※開場は開演時刻の30分前となります。

場所

多摩市立関戸公民館ヴィータホール
(京王線聖蹟桜ヶ丘駅前・ヴィータコミューネ8階)

入場料

一般 1,000円

   ※座席不要の未就学児は無料

  入場券(全席自由)は、多摩ボランティア・市民活動支援センター[ヴィータ7階]で、販売中です。

問い合わせ先

関戸公民館

 電話 374-9711

 

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所教育部関戸公民館

電話番号: 042-374-9711

ファクシミリ番号: 042-339-0491

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


関戸公民館開館20周年記念事業第一弾 落語と音楽の幸せな出会いへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.