ページの先頭です
メニューの終端です。

年金生活者支援給付金制度

[2020年8月24日]

ID:9469

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

年金生活者支援給付金は、消費税率引き上げ分を活用し、年金を含めても所得が低い方の生活を支援するために、年金に上乗せして支給するものです。

給付金を受け取るには、年金生活者支援給付金請求書の提出が必要です。

老齢(補足的老齢)年金生活者支援給付金

支給要件

以下の要件をすべて満たしている方が対象となります。

  1. 65歳以上で、老齢基礎年金を受けていること
  2. 同一世帯全員の市民税が非課税であること
  3. 前年の年金収入とその他の所得額の合計額が879,900円以下であること

令和2年度の給付額

基準額に、保険料納付済期間等に応じて算出され、次の1と2の合計額となります。

  • 保険料納付済期間に基づく額(月額)=5,030円×保険料納付済期間÷480月
  • 保険料免除期間に基づく額(月額)={(10,856円×全額免除・4分の3免除・半額免除期間)+(5,428円×4分の1免除期間)}÷480月

※補足的老齢年金生活者支援給付金の場合、保険料納付済期間のほか、前年の年金収入額とその他の所得の合計額によって給付額が変わります

障害年金生活者給付金

支給要件

以下の支給要件をすべて満たしている方が対象となります。

  1. 障害基礎年金の受給者であること
  2. 前年の所得が、462万1,000円以下であること ※扶養親族に応じて増額

令和2年度の給付額

  • 障害等級2級の者 月額5,030円
  • 障害等級1級の者 月額6,288円

遺族年金生活者支援給付金

支給要件

以下の支給要件をすべて満たしている方が対象となります。

  1. 遺族基礎年金の受給者であること
  2. 前年の所得が、462万1,000円以下であること ※扶養親族に応じて増額

令和2年度の給付額

  • 月額5,030円

※2人以上の子が遺族基礎年金を受給している場合、上記の額を子の数で割った金額がそれぞれに支払われます

留意事項

給付額は、毎年度、物価の変動により改定(物価スライド改定)があります。給付額を改定した場合は、日本年金機構から「年金生活者支援給付金額改定通知書」が郵送されます。

次のいずれかの事由に該当した場合、給付金は支給されません。詳しくは、「ねんきんダイヤル」へお問い合わせください。

  1. 日本国内に住所がないとき
  2. 年金が全額支給停止のとき
  3. 刑事施設等に拘禁されているとき

問い合わせ先

ねんきんダイヤル 0570-05-1165(ナビダイヤル)

050で始まる電話でかける場合は、03-6700-1165

受付時間

月曜日:8時30分~19時

火曜~金曜日:8時30分~17時15分

第2土曜日:9時30分~16時

※月曜日が祝日の場合は、翌日以降の開所日初日に19時まで相談をお受けします。

※祝日(第2土曜日を除く)、12月29日~1月3日はご利用いただけません。

関連情報

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所健康福祉部保険年金課国民年金係

電話番号: 042-338-6844

ファクシミリ番号: 042-371-1200

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.