ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症に関する多摩市の取り組み

[2020年4月3日]

ID:10681

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症に関する多摩市の取り組み

多摩市での取り組み

  1. 市立小中学校の臨時休校(別ウインドウで開く)

  2. 公共施設の臨時休館(別ウインドウで開く)

  3. 職員のマスク着用の奨励
    特に子ども・高齢者と接する窓口職場の職員に対しては、市民の皆さんへの感染予防、蔓延防止のため原則、マスクの着用を推奨しています。(マスク着用の旨の案内表示を掲示)

  4. 事業所等(医療関係・福祉関係・子ども関係等)にマスクの配布を行いました
    市は、2月25日に行われた、第5回新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、市が備蓄しているマスクについて、各事業者へ配布を決定しました。
    この決定は、各事業者に対し事前調査を行い、「3月初旬には、各事業者が保有しているマスクが少なくなる。」との情報を得たことから、市民生活を支えている各事業者には確実にマスクの支援が必要と考え、備蓄マスクの配布を決定いたしました。
    マスクの配布は、介護保険事業所、老人ホーム、保育園、学童クラブなど、高齢者等の介護や障がい者の支援、子どもたちの見守りを行っている事業者等に対し配布を行いました。
    また、多摩市医師会と連携を図り、マスクの備蓄が不足している医療機関に対する提供も行っています。
    これからも、医療や介護、子どもたちに関連する等、市民生活を守り、支えていただいている事業者に対し、必要に応じてマスクの配布を行い、支援を行っていきます。

  5. 新型コロナウイルス感染症拡大防止を目的とした場合の、公共施設使用料返還
       ※使用料返還については、各施設にお問い合わせください

  6. 全ての市主催事業等、原則、延期・中止(別ウインドウで開く)

  7. 職員の時差出勤(オフピーク出勤)の実施
    都心部等から公共交通機関を利用して通勤するなど、車両の混雑状況が著しく高く、通常の出退勤時間では通勤ラッシュが避けられない場合等で、新型コロナウイルスへの感染リスクが高まる場合は、時差出勤を認めています。

  8. 各公共施設に消毒用アルコールを設置
    公共施設の入り口等や、市役所庁舎の各フロアにアルコール消毒液を設置し、職員へも手洗いの励行を勧め、感染拡大防止に努めています。また、多摩市主催のイベントや行事等の実施時にも、会場の入り口にアルコール消毒液を設置しています。

  9. 手洗い、咳エチケットによる感染症対策を掲示
    公共施設や市の掲示板に手洗い、咳エチケットによる感染症対策を掲示しています。
    公式ホームページにも次のページに詳細を掲載しています。
    新型コロナウイルス感染症について(別ウインドウで開く)
感染症対策のポスター

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所総務部防災安全課防災担当

電話番号: 042-338-6802

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


新型コロナウイルス感染症に関する多摩市の取り組みへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.