ページの先頭です
メニューの終端です。

出生、死亡、死産、婚姻及び離婚届出をされる方へ

[2020年3月26日]

ID:10792

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和2年度人口動態調査(職業・産業)へのご協力をお願いいたします

令和2年度は国勢調査実施年にあたるため令和2年4月1日から令和3年3月31日までの期間、出生、死亡、死産、婚姻、離婚届を対象に人口動態調査(職業・産業)が行われます。
つきましては、届書に職業の記入をお願いいたします。また、死亡届については併せて産業の記入をお願いいたします。

人口動態調査(職業・産業)とは

出生・死亡・死産・婚姻及び離婚の人口動態事象と職業及び産業という社会経済的属性との関連を明らかにしようとするもので、本調査の結果は、少子化対策、公衆衛生、労働衛生、社会福祉及び保険・年金等各種施策のための基本資料として利用されています。

調査機関及び調査の対象

令和2年4月1日から令和3年3月31日までの期間で発生したもので、令和3年5月14日までに届出られた、出生、死亡、死産、婚姻及び離婚届

調査事項

出生  子が生まれたときの父母の職業
死亡  死亡したときの本人の職業及び産業
死産  死産があったときの父母の職業
婚姻  同居する前の夫妻の職業
離婚  別居する前の夫妻の職業


調査方法

各届書の職業欄に産業分類名をご記入ください。

例)医師・教員など・・・「専門・技術職」
  一般事務など・・・「事務職」
  販売定員・営業職従事者など・・・「販売職」
  美容師・ヘルパーなど・・・「サービス職」

※死亡届には産業欄に「農業」、「建設業」、「製造業」、「不動産業」といった産業分類名も併せてご記入ください。

※届書への記入は下の例示表を参考にしてください。

職業・産業例示表

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

調査結果の公表

調査結果の公表は、厚生労働省で集計を行い「人口動態職業・産業別統計」として、厚生労働省のホームページ及び政府統計の総合窓口(e‐Stat)において、公表されます。なお、人口動態で使用する情報は統計法により厳しく守られていますのでご安心ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所市民経済部市民課戸籍担当

電話番号: 042-338-6898

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.