ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症に係る精神障害者保健福祉手帳及び自立支援医療(精神通院・更生医療・育成医療)の臨時的な取扱いについて

[2020年5月19日]

ID:11152

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、更新申請のため診断書の取得等のみを目的とした受診を回避するため、各制度について臨時的な対応が決定しました。

なお、申請が必要な方については、郵送でできるお手続き(別ウインドウで開く)もございますので、お問い合わせください。

精神障害者保健福祉手帳

対象となる方

令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に、現在お持ちの精神障害者保健福祉手帳の有効期限を迎える方

診断書の提出猶予について

現在お持ちの精神障害者保健福祉手帳を更新する際、診断書の提出を1年間猶予することができます。申請書及び写真の提出は必要です。

猶予期間は現在お持ちの精神障害者保健福祉手帳の有効期間終了から1年以内です。1年以内に診断書の追加提出が必要となりますのでご注意ください。

※手帳の記載内容に変更のある方、等級変更を希望される方、新規申請の方、多摩市以外の自治体から転入された方は別途手続きが必要です。

※障害年金の年金証書等により更新される方については、猶予措置はありません。

関係文書

自立支援医療(精神通院)

対象となる方

令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に、現在お持ちの自立支援医療受給者証の有効期限を迎える方。

期間延長について

現在お持ちの受給者証の有効期間が1年間延長されます。

まだ更新手続きをされていない方については、更新のための診断書等の書類をご提出いただく必要はありません。

有効期間が切れている場合でも、有効期間終了から1年以内であれば、現在お持ちの受給者証を病院・薬局等の窓口に提示することで医療費助成が受けられます。

詳しくは、東京都福祉保健局のホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

※既に更新用の診断書を取得された方については、診断書を提出し更新申請することも可能です。

※受給者証の記載内容に変更のある方、所得区分の変更を希望される方、新規申請の方、多摩市以外の自治体から転入された方は別途手続きが必要です。

自立支援医療(更生医療)

対象となる方

令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に、現在お持ちの自立支援医療受給者証の有効期限を迎える方。

期間延長について

現在お持ちの受給者証の有効期間が1年間延長されます

まだ更新手続きをされていない方については、更新のための診断書等の書類をご提出いただく必要はありません。

期間を延長した受給者証は、令和2年6月下旬に障害福祉課から送付されます。

※受給者証の記載内容に変更のある方、所得区分の変更を希望される方、新規申請の方、多摩市以外の自治体から転入された方は別途手続きが必要です。

自立支援医療(育成医療)

対象となる方

令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に、現在お持ちの自立支援医療受給者証の有効期限を迎える方。

期間延長について

現在お持ちの受給者証の有効期間が1年間延長されます

まだ更新手続きをされていない方については、更新のための診断書等の書類をご提出いただく必要はありません。

有効期間が切れている場合でも、有効期間終了から1年以内であれば、現在お持ちの受給者証を病院・薬局等の窓口に提示することで医療費助成が受けられます。

※受給者証の記載内容に変更のある方、新規申請の方、多摩市以外の自治体から転入された方は別途手続きが必要です。

関係文書

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所健康福祉部障害福祉課障害福祉係

電話番号: 042-338-6903

ファクシミリ番号: 042-371-1200

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


新型コロナウイルス感染症に係る精神障害者保健福祉手帳及び自立支援医療(精神通院・更生医療・育成医療)の臨時的な取扱いについてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.