ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、2か月分の下水道使用料を実質無料化します(一部例外あり)

[2020年6月19日]

ID:11337

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2ヶ月分の下水道使用料を実質無料化(減免)します

 多摩市では、新型コロナウイルス感染症の影響への対策として、市民のみなさまや市内事業者の支援を行うため、市内で下水道を使用しているお客さま(使用者)の下水道使用料を2ヶ月間実質無料化(減免)します。

  • 今回の無料化(減免)を受けるにあたり、お客さまが申請等の手続きをする必要はございません。
  • 今回の減免について、市役所や東京都水道局からお客さまに連絡・訪問することはございません。また、市が減免のために手数料を振り込ませたり、ATMの操作を指示したりすることは絶対にありません。
  • 新型コロナウイルス感染症により、水道料金・下水道使用料の支払いが困難となる事情があるお客さまにつきましては、引き続き最長で4ヶ月の支払い猶予措置を行っておりますので、東京都水道局の多摩お客さまセンター(別ウインドウで開く)へお問い合わせください。

減免の詳細について

減免される水量

1ヶ月あたり、使用水量50立方メートルまでの下水道使用料を無料化(減免)

※1ヶ月あたりの使用水量が50立方メートルを超えるお客さまについては、1ヶ月あたり50立方メートルに相当する下水道使用料を減免します。

減免対象になる期間

2ヶ月に1度の検針を行う月が奇数月か偶数月かによって、減免の対象となる期間(対象月)が異なります。詳しくは以下のとおりです。

  • 偶数月に検針のあるお客さま

    8月に検針を行った2ヶ月分の使用料(7月分・8月分の使用料)を減免

  • 奇数月に検針のあるお客さま

    9月に検針を行った2ヶ月分の使用料(8月分・9月分の使用料)を減免

※期間の前後に、他市へ転出された場合や、市外から多摩市に転入された方については、減免が適用にならないなどの例外がございます。詳しくは、「下水道使用料の減免に関するよくあるご質問」をご覧ください。


下水道使用料の減免に関するよくあるご質問

下水道使用料の減免の詳しい内容について、質問形式でまとめました。ご不明な点がある方はこちらをご確認ください。


下水道使用料の減免についてのよくあるご質問

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

関連リンク

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う下水道使用料(料金)のお支払い猶予について

東京都水道局お客さま相談センター(別ウインドウで開く)

下水道使用料のお支払いが困難な方は、一定期間お支払いの猶予を行っています。猶予を希望される方は、東京都水道局お客さま相談センターまでお問い合わせください。

下水道使用料(料金)の算定

下水道使用料(料金)の早見表

下水道使用料に関する情報はこちらをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症関連特設ページ

その他の新型コロナウイルス感染症に関連する情報はこちらをご覧ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所 下水道課 業務係
電話番号: 042-338-6842 ファクシミリ番号: 042-339-4413
Eメール:tm810100@city.tama.tokyo.jp

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、2か月分の下水道使用料を実質無料化します(一部例外あり)への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.