ページの先頭です
メニューの終端です。

【緊急情報】新型コロナウイルス感染症に関する市長コメント・メッセージ

[2020年3月27日 11時35分]

市議会本会議最終日での市長行政報告(令和2年3月26日)

  • 3月11日にWHO(世界保健機関)がパンデミック宣言を行ってから2週間あまりが経ちました。世界各国では外出禁止令を含む非常事態宣言が相次いで出されていることはご存じのとおりです。WHOのテドロス事務局長は「都市封鎖で対策徹底を」と危機感を鮮明にしています。日本においても、専門家会議は「引き続き持ちこたえている」としながらもオーバーシュート(爆発的患者急増)への警戒感を表明しました。
  • 本市でも、この間、新型コロナウイルス感染症対策本部で対応を検討してまいりました。経済への影響ももちろん懸念しながらも、長期戦を見据え、いかに市民の皆さんの健康を守っていくか。一人ひとりが、「正当にこわがり」ながら、活動することで、免疫力を低下させないようにすることが重要です。
  • そうした観点から、一昨日の対策本部では「換気の悪い密閉空間」、「多くの人の密集」、「近距離での会話や発声」という「3つの条件の重なり」を徹底的に回避することを前提に、市民の皆さんに活動の場を提供するため、公共施設の貸室利用を順次再開していくことを決定しましたが、このあと述べるような情勢変化があったため、あらためて公共施設は原則閉館することといたしました。
  • ご存じのとおり昨夜、都内で新たに41名の感染が判明。小池都知事は記者会見で「今が重要な局面」との認識を示し、この週末を含めた不要不急の外出の自粛要請を行いました。あわせて都知事からは「3つの密」という言葉で、感染リスクを下げる行動の呼びかけや、若者に限らず一人ひとりが適切な行動をとってほしい旨の呼びかけもされていましたが、「正当にこわがる」という点で、私も同様の考えです。
  • 現時点では、市内で感染者が出たという報は受けていませんが、首都・東京にある自治体として「感染拡大傾向にある地域」との認識に立って、国や東京都とも足並みをそろえて、柔軟かつ適切に対応を図ってまいります。
  • なお、昨日の都知事会見が行われていた時刻、本市では、南多摩保健所、多摩南部地域病院と日本医科大学多摩永山病院の2病院を含めた多摩市医師会と市による医療連携会議を立ち上げ、会合を開いていました。知事会見の内容も適宜共有しながらの会議でしたが、万が一、感染者が爆発的に増加した場合に、地域で医療崩壊を起こさないための対応等について意見交換を行い、今後の連携について確認しています。
  • 政府でも新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく政府対策本部が設置され、本日初会合が開かれるとのことから、今後、緊急の対応等が求められることも予測されます。今議会でも大胆な日程変更など、市民の命と安全・安心を守るための重大な決定をしていただきました。今後においても臨時議会の招集、さらには専決処分等で対応せざるを得ない状況もあるかもしれませんが、その時々、議会の皆さんとも協議を重ね、連携を図りながら、対応していく所存ですので、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

市民の皆さんに向けたメッセージ(令和2年3月25日)

 3月11日に世界保健機関(WHO)がパンデミック宣言を行ってから2週間。世界や都内の感染者発生の状況を見ると、一昨日の都知事の「今後3週間がオーバーシュート(爆発的患者急増)への重要な分かれ道」との言葉どおり、予断を許さない状況であると思います。昨日には、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の1年程度の延期もIOC理事会で承認されました。

 現時点では、市内での感染者は出ていませんが、首都・東京にある自治体として「感染拡大傾向にある地域」との認識に立って、国や東京都とも足並みをそろえて、長期戦に備えていかなければならないと考えています。

 経済への影響も懸念されますが、なによりも大切なのは市民の皆さんの健康です。一人ひとりが、「正当にこわがり」ながら、活動することで、免疫力を低下させないようにすることも重要です。

 そうした観点を踏まえ、市民の皆さんに活動の場を提供するため、昨日開催した新型コロナウイルス感染症対策本部では、3月28日から公共施設の貸室利用を順次再開していくことを決定しました。ただし、(1)換気の悪い密閉空間、(2)多くの人が密集、(3)近距離での会話や発声 という専門家会議が示した感染リスクが高まる「3つの条件の重なり」を徹底的に回避することが大前提です。実際に利用される皆さんにおかれましても、各自での感染予防対策や連絡先の確認などにご協力をお願いします。

 なお、コロナウイルスに関しては、「若い方々」の行動に注目が集まっていますが、行動範囲の広さでいえば、多摩市の元気な高齢者の皆さんの中には、若者に負けない方々もいらっしゃるように感じています。年代に関わらず、「無自覚のうちにウイルスを拡散させてしまう」ことのないよう、お一人おひとりの意識と行動をお願いします。

令和2年3月25日 多摩市長 阿部 裕行


(3月26日追記)
3月25日夜の東京都知事の記者会見において、都内で新たに41名の感染が判明し、この週末を含めた不要不急の外出の自粛要請が行われるなどの情勢変化があったため、公共施設は原則休館することとしました。

多摩市長と多摩市医師会長対談がYouTubeでご覧いただけます

詳しくは、次のリンクをご覧ください。

なお、YouTubeでご覧いただけるのは、3月20日からの予定です。

多摩市長・多摩市医師会長対談~新型コロナウィルス感染症対策について~

市民の皆さんに向けたメッセージ(令和2年3月5日)

 新型コロナウイルス感染症に関しては、連日のテレビや新聞報道、さらにSNSを通じた個人の発信など、さまざまな情報に触れる中で、ウイルスという見えない脅威にご不安を感じていらっしゃる市民の皆様も多いこととお察しします。
 多摩市においては、1月30日に新型コロナウイルス感染症対策本部を立ち上げ、以後、市民の皆さんへの注意喚起や公共施設への手指消毒用アルコールの設置、市主催イベントの中止・延期、医療福祉関連の事業所等へのマスク貸与支援などの対策を講じてきました。
 そのような中、2月27日、木曜日の夕方に、国が3月2日から全国の小・中学校、高校などについての臨時休校を要請するとの突然の発表。本市も、子どもたちの健康を第一にと、3月2日からの臨時休校を決定しました。小・中学生、特に卒業を間近に控えた皆さんやその保護者の皆様の中には、混乱や戸惑いもあったかと思いますが、冷静に受け止めていただいていることに感謝申し上げます。
 また、これにあわせて、感染拡大阻止を目的に、保育園や学童クラブなどを除く公共施設の3月2日から3月15日までの間の臨時閉館も決定しました。この件については、学校や保育園、学童クラブなどと異なり、不特定多数の市民の皆さんがご利用になる施設でもあり、個別の周知が難しいことから、本日発行のたま広報3月5日号とあわせて、「多摩市からのお知らせ」として全戸配布でお知らせさせていただいています。お手元に届きましたら、ご一読いただければと思います。
 なお、その後も3月2日に専門家会議から、症状の軽い人から感染が拡大していることや一定条件を満たす場所から感染が拡大しているなど、新たな見解が発表されています。
 こういった情報も踏まえ、一度決定した対策であっても、柔軟に見直していく必要もあると認識しており、教育委員会では、特に小学校低学年の子ども居場所の確保として、現在、一定時期から学校施設の一部活用などの柔軟な対応を図るべく検討をしています。また、学童クラブについても朝から開所することに伴い17時までとなっていた閉所時間を、19時までに延長することとしました。児童館からの職員の応援なども状況によって行いますが、これらの対応ができるのも、保護者の皆さんのご理解と学童クラブを運営している社会福祉法人等のご理解とご努力のおかげです。
 引き続き、状況を見極めながら、国や東京都とも連携して適宜適切な対策を講じてまいりますので、市民の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

令和2年3月5日 多摩市長 阿部 裕行

新型コロナウイルス感染症への対応に関する令和2年度施政方針演説での冒頭発言(令和2年2月28日)

(注)本文書は筆記録ではございませんので、当日、市長が述べた文言と若干の相違点があります。

 施政方針に先立ち、新型コロナウイルス感染症への対応について申し上げます。

 中国の湖北省武漢を中心とした新型コロナウイルスの感染拡大を受け、さる1月30日に私を本部長とする「多摩市新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置しました。東京都においても同日付で小池都知事を本部長とする対策本部を設置しており、以来、国や都の情報を参考にしながら、市民に向けた情報発信、感染予防対策等の具体的対策の検討、庁内での情報共有などを行ってきました。

 政府は、2月25日に「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を発表、「この時期が、今後の国内での健康被害を最小限に抑える上で極めて重要な時期にある」ということを強調し、翌26日には、安倍首相から「全国的なスポーツ、文化イベント等については、大規模な感染リスクがあることを勘案し、今後2週間は、中止、延期または規模縮小等の対応を」との要請が示され、さらに昨日27日には、「全国の小学校、中学校、高校、特別支援学校について、来月2日から春休みに入るまで臨時休校とするよう要請する」と表明しました。

 本市としては、これまで独自に検討を進めてきた経過や、国の基本方針を踏まえつつ、さらに一歩踏み込んだ形で、市が主催するイベントなどを基本的に延期または中止とすること、窓口職場での職員のマスク着用、医療福祉関連の事業所等へのマスク貸与などを進めることとしました。また、市民や職員がり患した場合の対応等についても検討を進め、できるところから取組みを始めています。

 本日までのところ、感染経路が追えない感染者が発生している状況にあり、都内でも「発生早期」から、すでに次の段階の「感染期」に入りつつあるのではないかと考えています。
多摩市内でいつ感染者が発生してもおかしくない状況にある中、特にこれからの2週間が正念場であるとの認識のもと、地方自治体をあずかる首長として、組織を挙げて、この困難な事態に取り組んでいきます。

 本定例会は、新年度の予算案をはじめ、次年度に向けて極めて重要な審議をお願いする機会ですが、幸いにして、市議会の皆さんのご英断により、議会日程を大きく変更していただきました。
 コロナウイルス対策に執行機関としてしっかり取り組むようにというメッセージと受け止め、市民の皆さんの安全・安心を守るため、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止に全力を挙げて取り組んでまいります。

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.