エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置 :  ホーム  ›  暮らし › 健康・福祉  › 健康・検診・医療・たばこ対策  › 平成29年度高齢者肺炎球菌定期接種について


ここから本文です。

平成29年度高齢者肺炎球菌定期接種について

ID番号 T11823  更新日 平成29年4月6日

 肺炎球菌性肺炎は、成人肺炎の25~40%を占め、特に高齢者での重篤化が問題になっています。
 肺炎球菌ワクチンは、肺炎のすべてを予防するワクチンではありませんが、接種によって、予防効果が期待されます。
 この予防接種は義務ではなく、本人の希望により行うものです。
 接種の必要性について主治医または接種医とよくご相談ください。
 
※高齢者肺炎球菌予防接種は、平成26年10月から法律に基づく定期接種となりました。定期接種の対象者は、過去に肺炎球菌の接種を受けたことがない方で、平成30年度までの経過措置対象者として各年度内に65・70・75・80・85・90・95・100歳になる方、平成31年度以降は接種当日65歳の方です。対象の方には接種費用の一部助成を行います。

対象者
多摩市に住民登録があり、過去に肺炎球菌の予防接種を受けたことがない方で、下記の1.または2.に該当する方

1. 平成29年度内に以下の年齢を迎える方
65歳 (昭和27年4月2日~昭和28年4月1日生)
70歳 (昭和22年4月2日~昭和23年4月1日生)
75歳 (昭和17年4月2日~昭和18年4月1日生)
80歳 (昭和12年4月2日~昭和13年4月1日生)
85歳 (昭和7年4月2日~昭和8年4月1日生)
90歳 (昭和2年4月2日~昭和3年4月1日生)
95歳 (大正11年4月2日~大正12年4月1日生)
100歳 (大正6年4月2日~大正7年4月1日生)

2. 60歳から64歳の方で、心臓・じん臓・呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に重い障がいがあり、身体障害者手帳1級をお持ちの方

※定期接種の対象となるのは、今回限りです。今後、この定期接種の対象者となることはありません。希望される方はこの機会を逃さないようにしてください。
接種場所
「平成29年度高齢者肺炎球菌予防接種実施医療機関」 をご覧ください
※この画面の最下あたりに貼ってあります
接種期間
平成29年4月1日(土)~平成30年3月31日(土)
費用
各実施医療機関が定める料金から、市助成額4,120円を引いた額
生活保護受給者と中国残留邦人等支援給付受給者は、被保護者証明書または支援給付証明書の本人確認証の写しを提出した場合に全額助成
※上記の接種場所及び接種期間以外で接種される方は、助成の対象となりません
手続き
実施医療機関に直接予約の上、「平成29年度 高齢者肺炎球菌のお知らせ」(市から送付された通知文)と健康保険証等(接種者本人の氏名・住所・生年月日が確認できるもの)を持参

※平成29年度定期接種の対象生年月日に該当する方で、過去に市の事業(市の助成)で肺炎球菌の予防接種を受けたことがない方へ4月下旬に個別通知を送付しています
注意事項
・脾臓摘出者は健康保険が適用されます。医療機関にご相談ください

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。【Adobe Readerのダウンロードサイトへ(外部リンク)】

健康福祉部健康推進課(健康センター)
電話番号:042-376-9111 ファクシミリ番号:042-371-1235
〒206-0011 多摩市関戸4-19-5
Eメールでの問合せは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る


Copyright(c)2017 Tama City All Rights Reserved.