エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置 :  ホーム  ›  暮らし › 健康・福祉  › 健康・検診・医療・たばこ対策  › 胃のABC検査


ここから本文です。

胃のABC検査

ID番号 T15305  更新日 平成28年9月6日

胃のABC検査

胃のABC検査ってなあに?

血液検査で、血清ペプシノゲン、血清ヘリコバクターピロリ菌抗体を測定し、2つの値からABCDに分類、胃がんの発生リスクを調べる検査です。胃のABC検査は胃レントゲンに代わるものではなく、胃の健康状態を調べる検査です。

<血清ペプシノゲン検査>血中に含まれる胃の消化酵素・ペプシノゲンの量を測定する血液検査です。ペプシノゲンが陽性の場合、胃の粘膜の萎縮の程度を知ることが出来ます。萎縮の強い人は胃がん発生の確率が高いといわれています。

<血清ヘリコバクターピロリ菌抗体検査>血中に含まれるピロリ菌抗体を測定し、胃の中にピロリ菌が存在しているかを調べる血液検査です。抗体が一定量以上ある場合には陽性となり、ピロリ菌の感染があると考えられます。ピロリ菌に感染していると胃がんの発生にかかわりがあるといわれています。

※胃のABC検査で、胃粘膜の萎縮はない健康的な胃粘膜と評価された場合でも、胃の病気にかかる可能性はあるため、胃がん検診(バリウム検査)を必ず受けましょう。

実施詳細

対象者
平成28年4月1日~平成29年3月31日までの間に40歳の誕生日を迎える方
(昭和51年4月1日~昭和52年3月31日生まれの方)

ただし、以下に該当される方は、検査対象外となります。
(多摩市医師会基準)
・胃全摘出術を実施した方
・検査前1ヶ月の間に胃酸分泌抑制剤を内服した方
・ピロリ菌除菌治療をうけ、除菌済みの方
検査実施期間
平成28年5月1日から平成29年1月31日まで
一部自己負担額
500円(医療機関でお支払いください)
*生活保護受給世帯の方には、自己負担額の免除制度があります。
ABC検査の受け方
1.対象年齢の方へは通知をお送り致します。通知の封筒と健康保険証を持って、予約した医療機関を受診してください。
2.内服中の薬がある方はご持参ください。胃酸分泌抑制剤を内服中の方は検査はうけられません。

関連情報

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。【Adobe Readerのダウンロードサイトへ(外部リンク)】

健康福祉部健康推進課(健康センター)
電話番号:042-376-9111 ファクシミリ番号:042-371-1235
〒206-0011 多摩市関戸4-19-5
Eメールでの問合せは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る


Copyright(c)2017 Tama City All Rights Reserved.