エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置 :  ホーム  ›  暮らし › 健康・福祉  › 高齢者  › 日常生活用具の給付


ここから本文です。

日常生活用具の給付

ID番号 T763  更新日 平成28年4月1日

 おおむね65歳以上の高齢者で必要と認められる方を対象に、居宅での生活を容易にするための各種日常生活用具を給付します。事前に地域包括支援センターの職員が訪問し必要性について調査確認します。
 

費用

1割負担。ただし、助成限度額を超えた金額は全額自己負担となります。

日常生活用具一覧

平成28年4月1日より下記の種目に変更となります。

用具 対象 助成限度額
入浴補助用具(シャワーチェア・入浴台等、自宅での入浴を容易にするもの) 虚弱高齢者(介護保険認定者を除く) 5万円
歩行支援用具(転倒防止、立ち上がり動作の補助等の目的に適合する手すり・スロープ等) 虚弱高齢者(介護保険認定者を除く) 5万円
自助具等(皿・スプーン・フォーク等) 虚弱高齢者 1万円
火災警報器(火災を煙や熱で感知し、音や光で知らせます) 心身機能の低下に伴い防火等の配慮が必要なひとりぐらし高齢者等 1万5千500円
自動消火装置(温度の上昇・炎に反応して自動的に消火液を発します) 心身機能の低下に伴い防火等の配慮が必要なひとりぐらし高齢者等 3万900円
電磁調理器(炎が出ないで電磁作用によって鍋自身を発熱させます) 心身機能の低下に伴い防火等の配慮が必要なひとりぐらし高齢者等 4万1千円

 

関連情報

健康福祉部高齢支援課介護予防推進係
電話番号:042-338-6924 ファクシミリ番号:042-371-1200
Eメールでの問合せは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る


Copyright(c)1999-2013 Tama City All Rights Reserved.