エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置 :  ホーム  ›  暮らし › 子育て・教育  › 子育て支援  › 図書館 赤ちゃんから絵本を ~絵本かたりかけ事業~


ここから本文です。

図書館 赤ちゃんから絵本を ~絵本かたりかけ事業~

ID番号 T23801  更新日 平成28年7月19日

図書館 赤ちゃんから絵本を ~絵本かたりかけ事業~

読みきかせイラスト

絵本を通して親子がコミュニケーションを深め豊かな時間を過ごすことを応援する、子育てサポート事業「絵本かたりかけ事業」(全国的には「ブックスタート」の名称で知られています)を、健康センターでの3~4か月児健康診査会場で実施しています。
 健診を受けられる赤ちゃんと保護者に対して、市民ボランティアと図書館が協働で、絵本をとおして親子のコミュニケーションが深まることの大切さをお伝えしながら、1冊の絵本「じゃあじゃあびりびり」と読みきかせのガイドブック等をお渡ししています。

※受診ができなかった方には、市内各図書館で絵本・ガイドブック等一式をお渡しすることが出来ます。受診票に同封されている「絵本かたりかけ事業のお知らせ」と「母子手帳」をお持ちいただき、図書館カウンターでお申し出下さい。

♪♪図書館では、「赤ちゃんおはなし会」を開催しています。わらべうたを中心に、保護者も一緒に楽しめる内容になっております。日程などくわしくは「赤ちゃんおはなし会」をご覧下さい♪♪

 

当日お渡しする絵本

『じゃあじゃあびりびり』 まついのりこ作 偕成社

「じどうしゃ、ぶーぶーぶー。」「いぬわんわんわん」「みず、じゃあじゃあじゃあ」真っ赤な小さな絵本の中に、色んな音が描かれています。赤ちゃんがページをめくって遊べて、かじったり、投げても安心な、角の丸い厚紙ページの本です。初版は1983年刊。ロングセラーです。赤ちゃんの身近にいる人の声で「くりかえし、くりかえし」読んであげて下さい。赤ちゃんは、その声の心地よさに喜ぶことでしょう。

 

赤ちゃんおはなし会

赤ちゃんおはなし会

図書館では、赤ちゃんと保護者の方が一緒に楽しめる「赤ちゃんおはなし会」を開催しています。

プログラムは、わらべうた・布あそび・絵本の読み聞かせです
各館とも赤ちゃんと保護者の方が周りに気兼ねせず、リラックスしておはなし会を楽しむことができる会場をご用意しております。入退出も自由にできます。

※日程は変更となる場合があります。お越しの際は各館へお問合せください。
 

関連情報

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。【Adobe Readerのダウンロードサイトへ(外部リンク)】

教育部図書館
電話番号:042-373-7955 ファクシミリ番号:042-375-9459
〒206-0033 多摩市落合2-29
Eメールでの問合せは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る


Copyright(c)2017 Tama City All Rights Reserved.