エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置 :  ホーム  › 多摩市のプロフィール  › 市制施行50周年記念事業  › 非核平和都市宣言


ここから本文です。

多摩市非核平和都市宣言を制定しました

ID番号 T13720  更新日 平成25年2月4日

 多摩市は、核兵器のない世界を目指し、平和への想いを育み語り継ぐため、多摩市非核平和都市宣言を制定しました。

多摩市非核平和都市宣言

 多摩市は、この緑豊かな土地に生まれ育ち、あるいは全国各地から夢と希望を持った、多くの人たちが集まってできたまちです。私たちは、太陽の光あふれるこの多摩市で、穏やかな日々の生活を平和だと感じて暮らしています。

 この暮らしのなかで、いつしか広島・長崎の記憶が薄れつつあり、世界には今もたくさんの核兵器が存在すると知りながら、平和は失われやすいことを忘れかけていました。

 平成23年3月の東日本大震災と福島第一原子力発電所事故に、私たちは多くのことを学びました。自然の力に対する謙虚さを忘れ、人間の科学技術を過信していたこと。安全と言われていた原子力発電所から、ひとたび事故が起これば大量の放射性物質が拡散され、大事に育て築いてきたものが、たちまち奪われうることを。

 私たちは、人と人との絆を大切にし、原子力に代わる、人と環境に優しいエネルギーを大事にしていきます。そして、戦争がなく、放射能被害のない平和な世界に向けて、みんなが笑顔で、多様ないのちがにぎわうまちを、多摩市から実現していきます。

 現在、そして未来の子どもたちに戦争の悲劇と平和の大切さを伝え、他の都市とともに世界の人々と手をたずさえて、全ての核兵器の廃絶と平和な社会を求めるために、ここに多摩市が非核平和都市であることを宣言します。

多摩市非核平和都市宣言ができるまで

 多摩市非核平和都市宣言は、作成過程において市民の皆さんの意見を取り入れ、制定しました。

   1  平和に関する意識調査アンケートを実施

   2  多摩市平和展市民会議の皆さんに対し、非核平和都市宣言について意見照会

   3  アンケート・意見照会の結果を参考に、市民懇談会にて宣言の案文作成

   4  案文をもとに決定した、市としての宣言文(素案)に対するパブリックコメントの実施

   5  パブリックコメント後、宣言文(素案)を精査し、原案を決定 

   6  多摩市議会にて、多摩市非核平和都市宣言を議決

   7  市制施行40周年記念式典にて、宣言の発表

関連情報

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。【Adobe Readerのダウンロードサイトへ(外部リンク)】

企画政策部企画課
電話番号:042-338-6813 ファクシミリ番号:042-337-7658
Eメールでの問合せは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る


Copyright(c)2017 Tama City All Rights Reserved.