ページの先頭です
メニューの終端です。

アルミ缶はタブをつけたままでお出しください!

[2014年12月25日]

ID:1611

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

現在、缶ジュース・缶コーヒーなどのアルミ缶のタブは昔のプルタブとは違い、ほとんどがタブを切り離さないタイプのものとなっています。

アルミ缶を出す際は、タブを切り離さず、つけたままお出しください。アルミ缶はリサイクル工程上でも、重量で売買され、タブもとるよりもつけたままのほうがリサイクル価値があります。また、タブを切り離した切り口で、怪我をする可能性もあります。

アルミ缶リサイクル協会からもお願いしています

アルミ缶リサイクル協会ポスター1
アルミ缶リサイクル協会ポスター2

※アルミ缶リサイクル協会のホームページにもあるように、「アルミ缶のタブを集めて車椅子をもらえるという話があるが、どこでやっているのか」という問い合わせがありますが、協会や市でそのような事業は行っていませんし、また、そのような事業を行っている団体を把握しているということもありません。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所環境部ごみ対策課(資源化センター)ごみ減量推進担当

電話番号: 042-338-6836

ファクシミリ番号: 042-356-3919

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.