ページの先頭です
メニューの終端です。

消費生活センターからのお知らせ

[2019年4月2日]

ID:2077

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

消費生活センターでは、相談業務や消費者団体活動支援のほか、くらしに関するさまざまな情報提供を行い、市民の皆さまのくらしのお手伝いをしています。

緊急事態宣言発令に伴う不審電話・メールにご注意ください

 令和3年1月8日に発令された緊急事態宣言に便乗し、不審な電話やメールを送付することで、金銭をだまし取ろうとする手口が報告されています。主なものとしては、下記のような事例が報告されておりますので、ご注意ください。

偽の定額給付金申請案内メールにご注意ください

 昨年の10月に確認されたものと同様に、特別定額給付金の給付申請を装った偽のメールが再度横行しています。

【不審メールの例】
 ・メール件名例:【重要】特別固定給付金の支払い資格をおめでとうございます
 ・メール送信元:総務省を偽装
 ・本文例(抜粋):
==================================
  特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)
   
  特別定額給付金の概要
  ※全ての市区町村で特別定額給付金の申請の受付は終了しています。

   お申し込みはこちら<不審サイトへのリンクがあると思われます。>    

  ※72時間以内にお申し込みください。

==================================

 ・添付ファイル:なし

 このような不審なメールが届いても、添付ファイルの開封や、本文に記載されたアドレス(リンク)のクリックは絶対に行わないでください。

 対応に迷うことがありましたら、一人で悩まず、消費者ホットライン 188 へご相談ください。


ドコモ口座事件に便乗した不審電話にご注意ください

電子決済サービス「ドコモ口座」からの預貯金不正送金事件に便乗し、警察官を装って「あなたの口座も被害にあっている」と言って、キャッシュカードなどをだまし取ろうとする電話が東京都内で報告されています。

このような電話に応じてしまうと、「急がないと、このままでは全額引き出されてしまう。」などと言って、キャッシュカードを預かろうとしたり、暗証番号を聞き出そうと言葉巧みに誘導してきます。

警察官がキャッシュカードを預かったり、暗証番号を尋ねたりすることは絶対にありませんので、在宅時も留守番電話機能を活用するなど、こうした電話には決して応じないようご注意ください。

怪しい電話があった場合は、一人で悩まず、消費者ホットライン188(局番なし) または 警察相談専用電話 #9110 へご相談ください。

災害に便乗した悪質商法にご注意ください

 地震、大雨などの災害時には、それに便乗した悪質商法が多数発生しています。

 悪質商法は災害発生地域だけが狙われるとは限りません。災害に便乗した悪質な商法には十分注意してください。

 また、義援金詐欺の事例も報告されています。

 お困りの際には、一人で悩まず、多摩市消費生活センターまたは消費者ホットライン188にご相談ください。 

過去の災害発生時に寄せられた事例

  • 屋根の修理工事を「火災保険の保険金でできる」と持ちかけられた。
  • 屋根の修理について見積もりのつもりで業者を呼んだら、屋根にビニールシートをかけられ高額な料金を請求された。
  • ボランティアを名乗る女性から寄付を求める不審な電話があった。
  • 市役所の者を名乗る人物が自宅に来訪し義援金を求められた。

対応方法

  • 修理工事の契約は慎重に対応しましょう
  • 契約を迫られても、その場ですぐ契約せず、家族や周囲の人に相談しましょう
  • 「工事に保険金が使える」と勧誘されても、まずは自身が加入している保険の内容を確認し、契約している保険会社や代理店に相談してみましょう。
  • 公共機関が電話や直接訪問で義援金を求めることはありません。
  • 不審な電話はすぐ切り、来訪の申し出があっても断りましょう。

衣類の取扱い表示が変わります!

 私たちは、衣類を洗濯するときやクリーニングに出すときなどに、衣類についている取扱い表示(洗濯マーク)を確認します。その表示は、日本工業規格(JIS)で規定されており、家庭用品品質表示法により指定された繊維製品には事業者がこれを用いて洗濯などの取扱いを表示しなければなりません。その表示方法が、平成28年12月1日から変わります。新しい表示(JIS L0001)は、海外との取引が一般的になってきたことや、洗濯技術の進歩などから国際規格(ISO3758)と同じ記号を用います。国内外で表示が統一されることによって、消費者にとっては衣類などを購入する際の利便性が高まると期待されています。
 新しい「取扱い表示」のポイントは、5つの基本記号に「付加記号」と「数字」などを組み合わせて構成されていることです。記号の組み合わせを覚えて上手に利用しましょう。

関連情報

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所くらしと文化部コミュニティ・生活課消費生活センター

電話番号: 042-337-6610

ファクシミリ番号: 042-337-6003

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.