ページの先頭です
メニューの終端です。

「楽楽自分史講座 映画と自分史。物語への共感」実績報告

[2017年12月6日]

ID:2242

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ひとこま自分史の発表の様子

講座名

楽楽自分史講座 映画と自分史、物語への共感(全3回)

企画団体名

楽楽自分史サークル

講座概要

光永龍太郎氏を講師に招き、映画「共に生きて」をきっかけにひとこま自分史の執筆に取り組んだ。
参加者同士の意見交換にオープンダイアローグの考え方や手法を導入した。

開催日時

  • 第1回
     平成28年7月16日
  • 第2回
     平成28年8月2日
  • 第3回
     平成28年8月27日

いずれも土曜日、14時から16時

場所

関戸公民館第3学習室(ヴィータ・コミューネ8階)

講師

光永龍太郎(みつながりゅうたろう)氏(企画制作パオ有限会社)
映画「共に生きて」製作・編集・音楽。
多摩ニュータウンエリアを中心に、両親の夫婦史である映画「共に生きて」の上映会を通して、夫婦・家族での対話や、地域社会での交流のきっかけづくりに取り組んでいる。

参加者数

13人

講座成果

受講した13人のうち、9人がひとこま自分史を執筆・発表した。
講座の中で個別の作文添削指導は行わなかったが、それぞれ読み応えのあるひとこま自分史が発表された。
映画「共に生きて」の鑑賞が、受講者同士の意識の共有、執筆の動機になった。
アンケートには概ね好意的な意見が寄せられたが、映像による自分史・小冊子づくり・オープンダイアローグについての解説には充分な理解を得られなかったようであり、今後は執筆指導中心での開催も検討する。

楽楽自分史講座の様子

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所教育部関戸公民館

電話番号: 042-374-9711

ファクシミリ番号: 042-339-0491

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


「楽楽自分史講座 映画と自分史。物語への共感」実績報告への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.