ページの先頭です
メニューの終端です。

多摩市生物多様性ガイドライン

[2017年8月24日]

ID:5109

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

生物多様性ガイドラインを作成しました!

本市の生物多様性に対する基本的な考え方として「都市でのくらし」「もっと自然を楽しもう」「さまざまな生き物たちと共存します」という3つを定めました。 

このガイドラインは、3つの基本的な考え方に基づいて市民(市民団体)の皆さん、事業者の方々、市がそれぞれの立場で行動する指針となっています。

ガイドラインを策定するにあたってはワークショップを開催してさまざまな意見を取り入れながら作成しました。

ガイドライン策定の背景

生物多様性基本法が平成20年に施行され、自治体は、国の施策に準じ、その地域の自然的社会的条件に応じた施策を策定し、実施する責務を負うことになりました。

東京都においても、平成24年に「緑施策の新展開~生物多様性の保全に向けた基本戦略~」を策定し、生物多様性への取り組みを進めています。

多摩市においても平成27年3月に、「多摩市みどりのルネッサンスへの取り組み」を策定しました。このなかで、生物多様性の確保が優先課題の一つとして挙げられ、「多摩市版生物多様性ガイドインなどの策定」に取り組む方針が示されました。

ガイドライン策定の目的

豊かな自然環境を守り、生き物と共存しながら自然の恵みを得て、持続可能な社会を築いていくためには、市が取り組みを行うだけでは不十分です。

市民・市民団体のみなさんには生物多様性の大切さへの理解を深めていただき、事業者の方には生物多様性の保全についての重要性を知っていただき、行政は普及啓発や保全に向けた施策を展開するなど、それぞれの役割の中で生物多様性について認識し、さまざまな取り組みを進めていく必要があります。

そのため、多摩市における生物多様性の取り組みについての基本的な事柄を定め、生物多様性に配慮した行動を進める指針としてガイドラインを策定するものです。

ダウンロードはこちらから

多摩市生物多様性ガイドライン全文

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

概要版も作成しました

ガイドラインの内容を簡単にまとめた概要版も作成しました。併せてご覧ください。

多摩市生物多様性ガイドライン概要版

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所環境部環境政策課環境政策担当

電話番号: 042-338-6831

ファクシミリ番号: 042-338-6857

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


多摩市生物多様性ガイドラインへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.