ページの先頭です
メニューの終端です。

骨髄移植ドナー支援事業

[2018年4月1日]

ID:7128

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

骨髄移植や末梢血幹細胞移植は、白血球や再生不良性貧血などの病気によって、正常な造血が行えなくなってしまった患者さんの造血幹細胞を、健康な方の造血幹細胞と入れ替えることにより、造血機能を回復させる治療法です。
骨髄移植や末梢血幹細胞移植を必要としている患者さんは、毎年2,000人を数えます。骨髄移植の提供には年齢制限があるため、若い方のドナー登録を増やすことが必要です。ドナー登録を増やし、一人でも多くの尊い命を救うため、多摩市では骨髄または末梢血幹細胞の提供を完了した方に対して助成金を交付しています。

ドナー登録のできる方

・骨髄・末梢血幹細胞の提供の内容を十分に理解している方
・年齢が18歳以上、54歳以下で健康な方
・体重が男性45キログラム以上、女性40キログラム以上の方

注釈:提供できる年齢は20歳以上、55歳以下です。また、提供にあたっては家族の同意が必要です。

ドナー登録窓口

全国の窓口やドナー登録会等詳しくは、下記ホームページをご覧ください。
「骨髄バンクホームページ」(別ウインドウで開く)

骨髄移植ドナー支援事業について

対象者

(1)多摩市に住民登録があり、公益財団法人日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業において、平成30年4月1日以降に骨髄・末梢血幹細胞の提供を完了し、これを証明する書類の交付を受けた方

(2)上記対象者が従事している事業所

助成金の交付額

次に掲げる骨髄・末梢血幹細胞の提供のための通院・入院に要した日数1日につき、ドナーは2万円、ドナーが勤務する事業所は1万円 
※上限は7日間
 (1)健康診断のために通院した日数
 (2)自己血貯血のために通院した日数
 (3)骨髄等の採取に係る入院した日数
 (4)その他骨髄等の提供に関しバンクが必要と認める通院、入院または面接した日数

申請方法

以下の書類を健康福祉部健康推進課(〒206-0011関戸4-19-5多摩市立健康センター)へご持参もしくはご郵送ください。なお、申請は骨髄・末梢血幹細胞提供が完了した日から90日以内に行ってください。

ドナー
(1)多摩市骨髄移植ドナー支援事業助成金交付申請書(ドナー用)
(2)公益財団法人日本骨髄バンクが発行する骨髄等の提供が完了したことを証明する書類
.
ドナーが勤務する事業所
(1)多摩市骨髄移植ドナー支援事業助成金交付申請書(勤務事業所用)
(2)ドナーとの雇用関係を証明する書類
(3)公益財団法人日本骨髄バンクが発行する骨髄等の提供が完了したことを証明する書類

交付決定

申請者に交付の可否を通知します。
助成金交付決定通知書が届きましたら、多摩市骨髄移植ドナー支援事業助成金交付請求書を提出してください。

多摩市骨髄移植ドナー支援事業助成金交付請求書

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所健康福祉部健康推進課(健康センター)健康推進担当

電話番号: 042-376-9111

ファクシミリ番号: 042-371-1235

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.