ページの先頭です
メニューの終端です。

キヤノンイーグルスが都立桜の丘学園を訪問しました

[2019年6月6日]

ID:8987

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

キヤノンイーグルスの選手が子どもたちとラグビー交流!

令和元年5月29日、ラグビートップリーグに所属する「キヤノンイーグルス」の選手8名が、ジャパンラグビートップリーグリーダー会議が実施している「FOR CHILDREN」チャリティー活動の一環として、多摩市にある東京都立桜の丘学園を訪問し、約340名の子どもたちとのラグビー交流会が行われました。

会場である学校の体育館に、大きな体のラグビー選手が入ってきた瞬間、子どもたちはもちろんのこと、先生たちも大興奮!

選手と学校の先生方

キヤノン選手(左端から三島選手、山路選手、上原選手、杉永選手、3人おいて、金子選手、田中選手、山田選手、中川選手)と学校の先生方(中央3人)

交流会の様子1

選手によるチームの説明


ラグビー交流会では、選手たちがパスやキック、ラインアウト、タックル、トライの迫力あるプレーを披露し、その後、ラグビー体験が行われました。

選手たちがサポートする中、楕円形のラグビーボールをまっすぐキックすることに苦戦したり、ラインアウトで高く持ち上げられて大喜びしたり、初めて触れるラグビーに子どもたちの目はキラキラと輝き、会場は終始大盛り上がりでした。

交流会の様子2

選手による迫力満点のタックル

交流会の様子3

選手とのパス練習

交流会の様子4

車いすでタックル!

交流会の様子5

大盛り上がりのラインアウト!


交流会の最後には、感謝の言葉とともに、高等部の生徒が手作りしたマドレーヌが選手一人ひとりに手渡され、選手からはサイン入りのユニフォームがプレゼントされました。

交流会の様子6
交流会の様子7


お昼は各教室で一緒に給食を食べながら、子どもたちは選手に質問したり一緒に写真を撮ったりして、楽しい時間を過ごしました。

キヤノンイーグルスの金子選手は、「障害があってもなくても、ラグビーボール一つだけでみんなが楽しむことができ、選手たちも子どもたちの笑顔にたくさんの元気をもらいました。今後もこのような活動を続けていきたいです。」と語ってくれました。

給食の様子1
給食の様子3


この交流会を通して、子どもたちはラグビーやキヤノンイーグルスの魅力に触れることができました!

多摩市は、今後もキヤノンイーグルスの活動を応援していきます!

今回訪問したキヤノンイーグルス選手の紹介

関連情報

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所くらしと文化部スポーツ振興課スポーツ振興担当

電話番号: 042-338-6954

ファクシミリ番号: 042-371-3711

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


キヤノンイーグルスが都立桜の丘学園を訪問しましたへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.