ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症に関すること

[2022年12月20日]

ID:10984

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症に関するページ

発熱など体調不良時の対応について

重症化リスク等に応じた受診・療養に、ご協力をお願いします。
受診を迷った場合は、東京都発熱相談センターや、#7119(救急相談センター)、#8000(小児救急相談)などの相談窓口(別ウインドウで開く)をご利用ください。

(東京都)療養者・濃厚接触者の方へ(別ウインドウで開く)

重症化リスクの高い方(高齢者・基礎疾患がある方・妊婦等)、小学生以下のお子さん

◎ 重症化リスクの高い方(高齢者・基礎疾患がある方・妊婦等)は、発熱などの症状が出たら、発熱外来(診療・検査医療機関)を受診してください。かかりつけ医がいる場合は、まずはかかりつけ医にご相談ください。
◎ 特にお子さんの場合は、症状は年齢などによってさまざまです。かかりつけ医・地域の小児科などにご相談ください。
重症化リスクの高い方は、発熱などの症状が出たら医療機関を受診してください

東京都)重症化リスクの高い方、小学生以下のお子さん

重症化リスクの低い方(高齢者・基礎疾患がある方・妊婦・小学生以下の子供 以外の方)

◎ 発熱などの症状が出たら、まずはご自身で新型コロナの抗原検査キットで検査してください。

◎ 陽性だった場合、陽性者登録センターに登録をお願いします。特に医師の診察や薬の処方を希望する方は、発熱外来(診療・検査医療機関)を受診してください。

◎ 陰性だった場合、受診を希望する方は、かかりつけ医またはお近くの医療機関に相談・受診してください。

◎ 検査で陰性でも、新型コロナやインフルエンザなどに感染している場合があります。
  感染拡大を防ぐため、体調不良が続くときは、自宅で療養をお願いします。

◎外来にかかりにくいときのために、東京都は臨時オンライン発熱診療センター(別ウインドウで開く)を設置しています。

重症化リスクの低い方は、検査キットや解熱鎮痛剤をあらかじめ用意しておきましょう

東京都資料、重症化リスクの低い方の場合

感染に備えて、検査キット、薬、食料品などの準備をしておきましょう

新型コロナウイルス感染症の感染規模が拡大し、いつ感染するかわからない状況です。
この冬は、新型コロナウイルス感染症が今夏以上に拡大し、季節性インフルエンザと同時に流行する可能性が指摘されています。

◎ ご自身で感染を確認し、自宅療養できるよう、新型コロナ抗原検査キットや解熱鎮痛薬をあらかじめ購入しておきましょう。

◎ 療養期間中に食料品や日用品などが不足し困らないように、必要なものを確認し、1週間分を目安として事前に準備しておくと安心です。

◎ 家族に感染を広げないためにも、ご自宅の療養環境の準備もしておきましょう。 

(東京都)感染に備えて、検査キット、薬、食料品などの準備をしておきましょう(別ウインドウで開く)

熱が出たときのために、検査キットや解熱鎮痛薬、食料品などをあらかじめ準備しておきましょう。

コロナ・インフルエンザ同時流行に備えて

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多摩市役所健康福祉部健康推進課(健康センター)予防担当

電話番号: 042-376-9111

ファクシミリ番号: 042-371-1235

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

Eメールでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Tama City All Rights Reserved.